多くの人が子育てを楽だと思っちゃう理由?

スポンサーリンク

今年の春休みは昨年とは全く異なっています。

コロナのことじゃないですよ。

子どもたち(6才4才)がリビングで何をして遊んでいるのか、

私、よくわからないんです!!

ずっとじゃないですが、だいたい自分たちで好きに遊んでいます。

 

 

にゃーご
めぐみ

このままいくと、

子どもたちが成人してからこんなことを言いそうです。

 

スポンサーリンク

親に遊んでもらった記憶はあんまりない。

私自身が、子どもの頃に親にさほど遊んでもらった記憶も

沢山かまってもらった記憶もないのですが、

もしかしたら

物心がしっかりついて自分の記憶がハッキリする前は

色々とエンターテインしてもらっていたかもしれません。

 

でもって、

これはもしかしたら

子どもを持ったことがない人が

子育ての大変さを想像しにくいことと関係があるのかなぁ?と思いました。

 

記憶にある母親は

自分自身がもう手がかからなくなってからの、

マイペースな母親。

自分がイヤイヤ期真っ盛りだった時の母親の記憶はなし。

だからひろゆきさんもこんなこと言ってたのかなぁ。

僕は専業主婦の家庭で育っていて、「女の人が働かない」ことがいかにラクか見えていましたし。 byひろゆき

 

ちなみにひろゆき氏に子供がいる説もあるので
この例を持ち出したのはあんまり説得力がないですが!


少なくとも私が独身OL時代にイメージした「乳幼児との生活」は
およそ自分が辿った実体験とは違っていました。

 

過去記事:ひとりごと系の話

【経産婦の人生】赤ちゃん期から徐々に興味が薄れた物事
...
前代未聞の大渋滞に打ちのめされるの巻。

隣の県に行っただけなのに朝9時に家をでて目的地に到着したのが3時過ぎでした。渋滞やべえ

公園で他のママに忖度しまくるのは
...

https://ikuji.oyasmilk.com/about/blogger/

幼稚園保育園への入園、小学校入学、親の心持ち。
...
体育と運動会の話。
...
調べもの検索にYouTubeとAmazonを使ってます?
...
インドア派コンプレックスな親。
...
インスタが大好きだからこそサヨナラして変われた話。
...
子連れバーベキューが苦手なインドア派ママ。
子連れでバーベキュー、大変じゃないですかね。。。荷物運ぶのや、料理の準備に後片付け…
タイトルとURLをコピーしました