【経産婦の人生】赤ちゃん期から徐々に興味が薄れた物事

スポンサーリンク

2児子育て中のにゃーご(@ikuji_info)です。

子供が日中手を離れると不思議なものでこれまでのガッツリ育児期を振り返ることが出てきました。
思い出した事や振り返りを時々綴ってみようと思います。

①子供の細かい成長具合

②自分の体型

③夫

④ベビーフォト

⑤物欲

スポンサーリンク

赤ちゃん期から徐々に興味が薄れた物事

①子供の細かい成長具合

赤ちゃんのときは何ヶ月で寝返りだハイハイだのはもちろんのこと、おててをぱちぱちできるようになったの、車をアッブーて呼んだのと、一喜一憂して育児日記に事細かにメモまでしていた(特に一人目のとき)。麗しきあの頃。月齢をいつ聞かれても即返事できる状態。それが…

にゃーご
にゃーご
だんだんと、月齢聞かれても今2才何ヶ月だっけ?になっていくあの現象、なんて名付けたらいい?

注(子供への興味は全然薄れてないよ)

②自分の体型

一人目の産後すぐは気にして産後ヨガに通おうかとかいろいろ考えていた。そのへんのさまざまな商品、情報を気にしていた。(骨盤の位置を元に戻す何かとか、垂れた肉を元の位置にもどす何かとか)

そうこうしているうちに子供のお昼寝時間が減りハイハイもし出して目が離せなくなり自分の体型どころじゃなくなっていった。ほんで二人目産後なんてもう体型どころかしばらくは髪の毛さえケアできない(というか乳腺炎や高血圧にならずに生きるので精一杯の)余裕のなさで記憶すら薄い。。今になって「あれ、なにこの肉塊は」ってなってるけど対処行動するほど興味が持てていない。

③夫

産前と産後すぐは「また仲良しカップルに戻れると良いな♫」なんて思っていたが子育てが大変になっていくにつれどんどんと薄れた。特に2人育児になって以降。理由は産後クライシス的なものもあるし典型的なので省くが産後夫への興味が薄れていく奥さんってのはよくある話。(でも好きだからねと一応注釈)

↓一般的な人よりは明らかに興味を持っているんだけど時系列でみると自分の中で興味が薄れたもの

④おうちフォトやインテリアアレンジ

やはり子供と家で過ごす時間が長かったからなのか、それともインスタっぽい写真を撮るためにかわいいインテリアが作りたかったのか今となってはよくわからんが、子供が赤ちゃんのうちは特にインテリアアレンジにはまっていた。(今振り返って見返すとどれもちょっとダサイのだけどまぁそれも含めて思い出だね)

フォトは寝相アートに始まり100日記念フォトとハーフバースデーに繋がり、毎年のバースデーフォトに終始する。ガーランドや数字バルーンのデコレーションに生花、バースデーケーキ。

バースデー記念フォトは合計9回やってきたので正直少々飽きてきたかなぁ。マンネリ打破したらいいんかな。こういうの、乳児の頃は本当にすごくすごく楽しかったのよね。息子・娘ともに1才2才がマックスかも。今も機能的なインテリアを考えたり写真を撮ることは好きだけど、前ほど頑張れなくなった。昔の人は「写真を撮るとカメラに魂を吸われる」なんて恐れたらしいが、たしかにカメラを構えてちょっとでも美しい写真を撮ろうと一生懸命やってるとめっちゃ疲れて”魂を吸われた感”ある。まぁ全部自己満なんですけどね。
(この前ブロ友さんにそれ話したら激しく同意されましてね、これもしかして他にも分かる方いるかな?と)

ベビー服はディスプレイです

こういうのは15枚くらい撮って1枚が採用となる。棚のラインが斜めにうつってしまったりする。

⑤ 物欲
赤ちゃんがいると物入りなわけですが、物が要るから買ってんのか、何か買いたい病だから買ってんのか分からなくなる時ありましたねー。子育てストレスの発散が衝動買いになりがちで、かつインスタ的な映えを意識して本当は要りもしない小物を買ってみたり…。(ベビー服沼においてはほぼ写真用のベビーボンネットとか髪飾りとか)今もそういうの買わないことないけども前ほどじゃないかな。

(④⑤については赤ちゃんを産んでもはなから特に興味を持たなかったって方もいるよねきっと。)

子供の赤ちゃん期ってね、私は頭がお花畑になってましたね🌼🌼

楽しかったあの頃✨

(今も楽しく生きてます)

30年後の私

「この赤ちゃんの下に敷いてるマットなんだっけ~ほら韓国のあれよ、えっとえっと~~ イブル!!イブル!!懐かしい~!!みんな敷いてたわよね~~」

カテゴリーの紹介とおすすめ記事
...
インスタが大好きだからこそサヨナラして変われた話。
...
タイトルとURLをコピーしました