子供服の裏起毛いらない説が炎上してた話。

スポンサーリンク

ここ数か月、Twitterで「こども服に裏起毛服ばっかりはいらない説」が各所で盛り上がっていて、

裏起毛はすかんって親御さん多いんだな~と知ったんです。

体温の高い子供には向いてない、
汗をかいても吸水が悪い等々
不都合な点があるらしい。

私とくま吉は、寒がりで裏起毛が好きなので
へ~そういう意見が多いんだーって思って
フラットに、興味深く見ていました。

子供服ヲタクとしては

子供服についてみんなが熱く語り合っているのを見るのは嬉しかった。

(そういう視点)

その後、繊維業界のサイトでこんな記事をみつけました。

子育てで出くわす“裏起毛以外の服どこにあるんだ問題”

<調査データざっくり引用>
赤ちゃん本舗 裏起毛が4割、それ以外が6割。
デビロック 裏起毛約3割、それ以外が7割。

これによると、実際は意外と裏起毛ばっかりじゃないようだ。

それでも裏起毛服の販売が多い印象の人が多いのは
需要と供給のバランスがあってないってことなのかなー

そこは分かりませんが、

裏起毛じゃない服を探してるのに裏起毛しか出てこなかったり
店頭で見る際はイチイチ生地をひっくり返さないと分からなかったりと
「選び取りにくさ」っていうのはかなりありますね。

その後見つけたツイートで
裏起毛不要派のアンチなるの人がすげえ怒ってるのを見た。

その怒りに対しこんなコメントも・・・

藁人形叩き…

裏起毛ってTwitter炎上ネタだよねってツイートも見た。

そうなのか。

裏起毛ネタ。

この対立、すごいな・・・

でもでも、この対立が有益な方向に向いている一面も見てほっこり。

お友達のブロガーてんつままさんが「裏起毛の服はそんなに沢山要らない」って内容でツイートしたら、

それがバズって、

それを見たブランシェス(子供服メーカー)が裏起毛かそうじゃない服かを簡単に絞り込み検索できるようにしてくれてました。このページ

ツイッターの裏起毛論争のおかげで

企業が動いて

子供服をもっと選び取りやすくしてくれたとは・・・

こりゃすごい。

論争って、発信って、

なにかを生み出す力を持っている。

タイトルとURLをコピーしました