小学生が車に轢かれるのを目撃した話。

スポンサーリンク

まだくま吉がベビーカーに乗っていた時の話です。

ランドセルを背負った小学校1年生位の男の子が

交差点の横断歩道で

乗用車に轢かれるのを目撃してしまいました…。

それ以来、

道路を歩く小学生をみるたびに

事故に遭わないでおくれよ!と祈らずにいられません。

危なっかしい「ながら運転手」をみかけると

「ヤメテー!!」と思います。

当時の回想
(事故の話なので苦手な方は閉じてくださいね)

たしか8時台。

登校を急いでいたのでしょう。

片側一車線の道路。

横断歩道を渡る男の子。

とおもいきや近道しようと横断歩道からはずれて

斜めに道路を突っ切って走っていきました。

そこへ左折してきた車(中年男性)。

男の子に気づくのが遅れ、当たってしまいました。

そんなに大きく身体が吹っ飛んだわけではなく、

血も見えませんでしたが

道路わきに横たわる男の子は微動だにせず。

相手は大型トラックではなく普通の乗用車。

しかも時速20-30キロ程度だったかと。

それでもこんなことになるなんて…。

(自分が運転する時いつも肝に銘じるようになりました)

近くで目撃していた2名の女性(知り合い同士ではない)が

駆け寄ってきて

男の子に声をかけたり、

頬や手を触ったりしました。

でもぐったりとして

反応が全くない

意識のない状態でした。

女性がすぐに

男の子のランドセルを開き

小学校名と名前を確認し

「〇〇小学校ですね」というと

手分けして学校と救急車にスマホで電話していました。

ランドセルを確認するあたり
子供がいる女性だったのではないかと思います。

子供が道路でそんな事態になっていたら

今なら私も迷うことなくすぐに出来る限りの最善を尽くします。

ですが当時まだ初ベビママだった私はオロオロ

女性2人が駆け寄ってきて本当に良かったです。
(距離的には私が一番近かったけどほぼ役立たず…)
(以後、救護の講習は受けました)

そして一方、

車のおじさんは

「まいったなぁ なんで飛び出してくるんだよチクショウ」と

手当や救急連絡のことよりも、自分のことばかり…。

今思い出しても怒りを覚えますね。

あの時の男の子がどうなったのか

私は知りません。

救急車はすぐに来ました。

どうか無事で暮らしていますように。。。

ーーーーーーーーー

「歩行中の死傷者は7歳がもっとも多い」と言われているそう。

飛び出しが多いそうです。

くま吉には

どんなに急いでいても、

学校に遅刻してもいいから、

車、自転車、歩行者とぶつからずに

自分の身を守ることが一番大切だよ、

安全第一だよ、と伝えています。

でもね、、

登下校の様子をこっそり見ていて思ったけど

1年生でしっかり周りを見て歩いている子なんてほぼいないくない…?

先日、たまたま子供たちが校門から出ていく様子を見ていたら

元気いっぱいの1年生は、

校門から弾丸が飛び出すようにして下校していました。

黄色いカバーをしてるからすぐわかる。

エネルギーの塊!

ほほえましく眺めながらも

頼むから事故に遭わないでおくれよ、、

とおばさんは祈らずにおられませんでした。

事故防止・防犯関連

子供を犯罪から守るために出来る事。とりあえず知識武装。
...
タイトルとURLをコピーしました