ネットのあれが怖い。情報のルート選び。

スポンサーリンク

こんばんは。ママにゃーご(@ikuji_info)です。

3~4年前までネットってすごく多様性があっておもしろい世界!と思ってたんですが、
最近思うことがいくつかあるのでざっくばらんに書きなぐります。

半分独り言です。

南で撮った写真とともに

旅行で撮った写真とともに

情報選定のアルゴリズムが怖い

Twitter、Facebook、スマートニュース、Google Discover等々、その人の趣向に合わせて情報を集めたり選んでくれるツール、便利ですよねぇ。

私も日常的に情報を得ています。

ただ、「その人が興味をもち、かつ喜ぶであろう情報」がピックアップされてくるということは、情報がかなり偏ってくるわけですよね。。。

そうなるとそれがただの「情報」としてだけでなく、
「情報群」となってマインドにまで侵入してくるようになったと感じる。

複数の類似関連情報が波のように押し寄せてきて、
正しい正しくないの判断をする間もなく、
あたかも大多数の一般論、正論であると認識するっていうか…。ある種の分断。(キュレーションってどの程度リベラルなのか?)

そうやって気が付けばマインドが変わってることがある。

いい場合もあるし、悪い場合もある。

参考:この辺の話、もっと詳しくて深い内容をネットの重鎮が書いた文章
さよならインターネット – まもなく消えるその「輪郭」について

この辺の感覚って本当に人それぞれだと思うので
「合う合わない」で、私には合わないってことなのかと。
かといって便利すぎて、もうきっぱりサヨウナラもできないヘタレ…

毎日ネットしてると、「不安を煽る情報」も「安心感を攻めてくる情報」もガンガン入ってきて翻弄され…

たまに、疲れます。

読むとなんだかほっとしてダラダラしちゃう安心感攻め情報も、ウェブマーケティングで流行っていて相当増えた感。

個人的に・・・

自分から能動的に情報を取りに行くんじゃなくて、

AIが情報を持ってくるようになったことに違和感があります。

インターネット老人会世代だからなのか…
流れてくるものに寄りかかってばかりなのが合わない。

テクノロジーによる偏りを意識して突破する、
自分軸を確認すること、
気を付けていきたい。

具体的には、情報源を細かく厳選して絞る作業中です。

気づけばスマホ触って、

さほど”意味もなく”なんかしら読んじゃうのよねぇ・・・

本も読むけども、その本を得た情報も結局ネットが源だからな。

それから

御多分にもれず…

私のブログもネット情報の1つではあるので、載せてる情報や子育ての話、
(強い誘導的な意図はないけども)話半分に、テキト~に聞い流してほしいなぁと思います。

うまく伝えきれない、独り言な話になってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする