コーチングを受けてみた話。

スポンサーリンク

先日もがママさん(@sobakasu_shimie)のコーチングを受けてきました!

 

コーチといえば

松岡修造さんみたいな人のことで

 

 

コーチングと言えば

色々指摘されたり

励まされたりするんかな~って

ぼんやりしたイメージしかない私でしたが

 

 

全然違いました。

 

私は元々もがママさんとオンラインで親しくしているのもあり

 

仲のいいママ友に

 

「ねぇ、、ちょっと聞いて…」と本音で話す感じでした。

 

にゃーご

自分から話してばかりでなく、適宜よい質問をしてくれます。

 

話している間に

「思考の整理」ができ

「自分の中から気づきを得る」ことができる、

コーチングってこういうものなんだ~!!と知ることができました!

※カウンセリングとはまた違います

スポンサーリンク

コーチングを受けた効果

結論から言うと

コーチングのおかげで

幸せになれました💗

にゃーご

(怪しさ満載な言い草ww)

いやほんと、

ぐるぐる考えていた事

突破口をみつけることができたんだよね。

 

頭の中のもつれた毛糸を

もがママさんが一緒にほどいていってくれた感じです。

「気の持ちよう」と言えばそれまでですが

考え方の視点をちょっと変えるだけで

こんなに明るく生きられるんだ、と驚きました。

 

言語化の機会

コーチングを受けることは

自分の頭の中のモヤモヤ

「言語化」をすることでもありました。

 

私はブログ上で言語化(文章化)して思考が整理されることも多いんですが

やはり第三者が入ると違いますね。

自分では考えない切り口の質問があるから。
(無意識的に考えたくなかった課題も含む)

私が何について話したか

「何について話したか」は

完全に秘密です。。。

コーチングには秘守義務がありますので、

誰にも言えないような話も安心して話すことができました。

 

話を聞いてもらって終わりじゃない

ただ話して終わりではなく、

コーチングの振り返りシートを後からもらえたので

コーチングの興奮が冷めやってからも

再確認できます。

振り返りシートのイメージ

もがママさんの振り返りシート

 

 

コーチングにも相性があると思うので誰にでもはオススメしませんが、

もがママさんの濃いお人柄をブログやTwitterで読んで

「この人好きだな」「話を聞いて欲しいな」と思われた方にはオススメです!

 

もがママさんってこんな人

 

 

タイトルとURLをコピーしました