育児の合間に別世界へ逃避行を探りからの。

スポンサーリンク

1日数分、数時間の自分時間ではどうもリフレッシュできない時、

どこでもドアで別世界に行きたいと思う。

ある種のどこでもドア的なアイテム。VR(仮想現実)ゲームで仮想空間に入ると

脳に強烈なインパクトがあるらしく、

短時間でも気分転換になりそうじゃない?

って発想でちょっと調べてみたら、
「お、お、お、おおいおいおいおいおいVR凄すぎじゃね、技術の進歩やばくね」

となりましてね。

新しい技術がどれほど凄いのか、自分知らなさすぎだなーと悟りましたよ。

(以後、知ってる人にはつまらない話です(恥))

<VRゲームをプレイしてるおじさんの動画>
どんな風にプレイするのか、プレイヤーにどんな映像が見えているのかが分かりやすかったです。複数のゲームをしてるので飛ばし見も。

スポンサーリンク

VR技術?「ふ~ん」だったが。

VRってチラホラ聞くけど、
自分の子育て生活に影響も寄与もしなさそうだし、私ゲームやらないし
「ふ~ん」「へぇ〜」対象だった。
ちょっと読んでみても、百問は一見に如かず系の技術なのでピンとこず。

しかしよくよく思い返すと
VR、ARってどんどん活用されていますよね。生活の中で。

不動産のVR内覧や、イケアのカタログで自分の部屋に家具を仮想で置くVRアプリとか数年前からあって便利。コロナ影響もあり仮想店舗も現実味あるかも?
自分の子供の世代がティーンエイジャーになる頃は、VRやARのゲームが主流かもしれない。

「VR~?よう知らんしあんまり使いたくない。」と保守的な自分になるより、抵抗なく世の中の流れに興味を持っていたいと思い至る。

自分が好きそうなコンテンツがあった。

VRゲームへの先入観として、私は「戦闘っぽいゲーム」をイメージしていたのですが(もちろんそれもありますが)コンテンツは多種多様にあるようです。

アート系でおもしろそうなもの
立体的に絵を描くソフト。これすごいのー!

ダイエットも出来るかも?なダンスゲームや、Googleストリートビューの中を歩いているかのようなアプリまで。

こちらに58個のVRソフトが紹介されています

VRゲーム機をレンタルしてみた。

どうせ試すなら本格的にやってみたい!と、冒頭のおじさん瀬戸弘司さんがプレイしていたオキュラスというVRゲーム機をレンタルすることにしました。ノリで。

これがあると視界が360度仮想現実空間となる。

以前ホットクックをレンタルしたレンティオ(買うか悩む高額商品が色々レンタルできるサイト)でOculus questをレンタルしました。(子供ではなく親がプレイする用です)

VR技術をちょっと体験

手軽なところではYouTubeでもVR動画がみれます。

これは前から知ってたけど改めて探すとおもしろいの見つけた!
スマホ画面を上下左右に動かすと映像も360度動く。空も地面も、自分の見たい方向が見れる。(実際にやる以外にうまい伝えようがない。You Tubeアプリで)

モルディブの海辺に行く or 海の中に入ってサメと泳ぐor ロンドンの街を探索

無料のYouTubeアプリでも、VRゴーグルを使えばもっとリアルに見ることができるそう。
Amazonで見てみたら一番売れてるラインは2~3,000円。

なんとAmazonやGoogleオンラインストアでダンボール製(!)のもあり。

レンタルしたOculusは来週届きます。

夫婦で超楽しみにしております。

タイトルとURLをコピーしました