子連れヘイト。道端での暴行。

スポンサーリンク

注<暴力に関する内容があります>

過日のニュース。ひどい事件。
子連れで歩いていて蹴られたって‥‥。しかも妊婦さんだよ。
腹が出ていて蹴りやすいのでって、悪気もサラサラない感じですよね。

札幌・南署は24日までに、中央区の路上で20代の妊娠中の女性の腹を蹴ったとして暴行の疑いで、同区の無職金子芳幸容疑者(51)を逮捕した。女性にけがはなく、胎児に影響はなかった。

逮捕容疑は4月13日午前7時半ごろ、同区の路上で長女(7)と長男(5)と手をつないで歩いていた女性の腹を右足で1回蹴った疑い。
署によると、女性の後ろから歩いてきた金子容疑者は「邪魔だ。どけ」と暴行に及んだという。女性は妊娠中だと伝えていた。
「生意気なことを言い返してきた。腹が出ていて蹴りやすいので蹴った」と容疑を認めているという。防犯カメラなどから特定し、23日逮捕した。 https://www.chunichi.co.jp/article/77650(中日新聞)

↑事件に対する小島慶子さんのツイート。

子連れで歩いていて

舌打ちってされたことありますか?

「ベビーカーで電車に乗ったら邪魔だと舌打ちされた」

「ベビーカーにわざとぶつかられた」

「なんか知らんけどいちゃもん付けられた」

(子連れヘイトが多くて日本はなんて子育てしにくい国なんだという論調)

「子連れヘイト」について検索する

 

にゃーご
にゃーご
ネット上でたまに見聞きしますが、私は幸い今までにそういうことがありませんでした。

九州、四国にいる時に子連れでそういった憎悪を向けられたと感じたことはなかったです。

大阪は人口が多い分変わった人もいるので「気を付けよう」という感じで生活していて、でも実際コワイ思いをしたことはなかったです。むしろ子供に温かい目を向けてもらうことのほうが多かった。

にゃーご
にゃーご
だから当時の私が小島慶子さんのツイートを目にしたら「そ、そうなの…??子連れ女性は街で憎悪を向けられるものなの??そこまで!?!?」と不思議に思ったでしょう。

ところが東京都内23区に住み始めて数年…

ネットで言われている話が嘘ではない、大げさに騒いでいるわけではないんだな、と分かる空気を外で味わったことは正直あります。(東京という土地柄だけではなく、私が子育て年数を重ね遭遇機会が増えた為や、情報を得て勘が働きやすくなったこともあるかもしれません。)

温かい目を向けてもらうことのほうがずっと多いし住んでいるエリアで毎日感じるものでは決してなく、ごく稀にですよ。でも確かにいるのよ。子供を邪魔って思っている人や、女性ならやんわりと威嚇や攻撃してもいいって思っているジジイが。女性ヘイト・子連れヘイトだけでなく色々な問題が背景にあるんだと思います。

そしてそれを、一緒に暮らす夫は実感できていないと思います。(とても優しい良い人なんだけど、その立場にならないと見えない事ってある)

小島慶子さんのツイートの >子連れ男性はどうだろうか。 の部分ですね。

女性や子供って世間ではだいぶ下に見られているんですかね

今まであまりそいう意識で生きていなかったんだけどな。

悲しいですね。

子連れヘイト問題とは違いますが、暴行つながりで。
私は3月に近所で軽い暴行に遭いました。

以後も頻繁に近所で加害男性をみかけ、ずっと悩んでいて、警察に電話相談した経緯を当時書いた記事の下部に追記しています。
1つの経験談として読者さんにシェアすることで同じような被害が少なくなればいいと思っています。

ショックな出来事がありました。追記あり

タイトルとURLをコピーしました