子連れ熱海旅行記。1日目、海水浴日和。

こんにちは。ママにゃーごです。

熱海旅行に行ってきました!

子どもを連れての海水浴は初めて。

今回ちょいちょいトラブル発生の旅行になりました。

1才4ヶ月と4才3ヶ月の子連れ旅

私はもともと南国出身で海には縁のある人生前半だったんですが、子どもが産まれてここ数年は大阪東京に住んでいてすっかりビーチと縁遠く… 子どもには自然の体験を沢山させたい、自分も海いきたい!新鮮な魚が食べたい!ってことで熱海を選びました。

2泊3日初日、朝6時に家を出る予定で6時半出発(ある意味予定通り)

海老名インターで早くも浮き足だって早速カメラを使おうと出したら、
「SDカードが挿入されていません」

だと!?!

荷造りはてんつままさんのブログから荷造りリストをダウンロードしてほとんどこれ頼りで完璧だったはずだったが、まさかのSDカード忘れ…

実は過去にもいざというときにSDや充電池入ってなかったことが…バカあるある

海老名インターで売ってたのはマイクロSDタイプのみで値段も高かったから熱海のコンビニかどこかで買うことにしました。

が、熱海のビーチにつくまでにコンビニがあんまりなかった…。

コンビニを通らないまま海水浴場サンビーチに到着。

もう海水浴のあとで買いにいけばいいだろ派の夫と、子どもたちの初海水浴の様子をどーしてもカメラにおさめたい私…。

夫とくま吉からブーイングを受けつつ一旦ビーチの駐車場を出てコンビニへ行き再びビーチ入場となりました(^^;

夏休みとはいえ平日だったこともありそんなに混雑してなくて、

私の心配は杞憂でした。

いらぬ心配ってのは「関東人がいく観光エリアの海水浴って芋洗い状態なんじゃ!?」という心配です。

脳内の心配イメージ像

自分の中の海の経験が、小学校の頃毎年いってたおばあちゃんち@奄美大島のほぼ無人の透明ビーチ。

奄美の普通の海

準備もたいしてせずタオル持ってってTシャツで入って服濡れたままふらふら帰ってきたら乾いてるみたいな感じなので、人気観光地の海水浴なんて想像つかんかったです ←急にしまんちゅ風情かもす

さて肝心の子どもたちはというと…

くま吉もまる子も海にはまりました!

二人ともだんだん慣れて楽しめてよかった。

まる子ははじめだけ海水の冷たさでイヤがったもののくま吉よりずっと早く慣れて警戒心ほぼゼロに。親が止めるほどズンズン海のほうへ向かってました。

くま吉は予想通り終始警戒はありつつも、慣れ親しんだ砂場遊びが取っ掛かりになって海を気に入ったようです。まる子は砂場遊びデビュー。黙々と遊んでた。くま吉は浮き輪のボートに乗ってパパと海を少し遊泳もしました。家族で海、楽しいなぁ。ビーチの近くに住んでる人がうらやましい!

この日は日差しがそんなに強くなくて風があったから暑さでバテバテになることもなくゆっくり。

私は十年前海外のビーチリゾートで買った水着がシンプルでまだいけたのでそれを着ました。上から羽織るものももちろん持っていったのにIKEA青バッグの中でごちゃごちゃになって発見できずまぁいいかってノリでそのままでいたら背中が真っ赤に日焼けして以後の旅をずっと背中痛とともに過ごしました…。

お昼は海鮮料理やさんで美味しいお刺身定食を食べて満足。

前回5月に伊豆にいったときと比べると、まる子が歩けるようになり飲食店では食器をままごと道具と勘違いして遊びだすからゆっくり食事できなくなってます。

食事は寝てる隙に食べるのが一番。が、、、料理が運ばれてきた瞬間に抱っこ紐の中で目覚めて10分でかきこむことになりました。。

ホテルの食事にしても、子ども椅子もある座敷を用意してもらったけど全くじっと座ってなくて、くま吉のプレートも奪いにくるわ、お皿や料理を突っつきに来るわで全然ゆっくり食べられなかった!ニコニコしてて可愛いんだけどねぇ…悔しいけど子連れの宿命。旅行じゃないときはもう外食いやだ。

ホテルは夫の会社の福利厚生保養施設で今回割安で泊まれました。すんごい山奥だったけど静かで星空も見れてよかった。

その日は車で昼寝したわりになんとか9時就寝。親も朝までぐっすりでした。

波乱の2日目に続く

去年の夏はどこもいかなかった

旅行しない夏。
お盆休み、帰省も旅行も計画しておらず家族でゆっくり過ごしています。(暇) 埼玉や神奈川など東京近郊には日帰りで出掛...
スポンサーリンク

シェアする