幼ない頃、夢見ていた世界ありますか?

スポンサーリンク

こんばんは~。ママにゃ~ごです。

スタバおごります企画にたくさんのご応募ありがとうございます!
日曜日の23時59分が期限ですのでツイッターなんかやるかよって思っている方も再検討ください~。

今日は懐かしいアイテム写真の投稿にもたくさんいいねをもらったんですが、30~40代の読者の方、知ってるものどのくらいありますか??(20代前半だとやっぱり分からんみたい)

キキララのビニール財布に反応するフォロワーさんがけっこういた♡キキララをはじめサンリオ商品によく心躍ってました。

小学生になるとりぼん・なかよしの付録にもトキメキ。

にほんブログ村テーマ 少女漫画雑誌・りぼんへ

少女漫画雑誌・りぼん

高学年〜中学生になるとキャラものから文具系に少しずつシフト。

ミルキーペンで友達に手紙書いたり、におい玉を交換したり。。

髪型やお肌のこと、香水にも興味が出始めて、人気のアイテムを手に入れたら大事に大事に喜んでた、ネットもスマホもなかったあの頃。

うーん、昭和生まれの香り(笑)
思い出しました!!??

懐かしさに浸ったところでやっと本題に入ります。
おととい、待ち焦がれていたものが届きました!
大好きなイラストレーターflemyさんのイラスト原画!

flemyさんイラスト原画

「みちくさうさぎちゃん」

繊細なタッチの水彩画が美しくて魅了されています。

「評価って大事なのかな」より

flemyさんのブログ:兎徒然 うさぎと暮らす日々、ときどきアート

うさぎのふきちゃんとの暮らしがメインのブログの中で、素敵なイラストや手作りの丁寧な食事、パン作りが紹介されています。私普段おおざっぱな料理しかしないしゆっくり味わって食べることすらも忘れてるから、自分と違う暮らしを送る方のブログがすごく新鮮で、いいな~って思う。

スポンサーリンク

flemyさんのイラストに癒される

ここ数か月、自分のやりたいと思うことには躊躇せずにガンガン手を出してきました。
楽しい一方で、大失敗したときや夜中に疲れがたまったとき「なにやってんだろう」ってなることもありました。

「ブチカフェ開店!」より
疲れて別世界に飛びたい気分のときflemyさんのブログを覗いてはその世界観に癒されてました。深夜3時とか4時にね。うさぎちゃんがお茶会してるイラストを細部までじーーーーっと見つめてた。

「ブチカフェの秋」より

リアルタッチではないのに、こんな場所が本当にどこかにあるんじゃないか、メルヘンな生き物がいるんじゃないかと思えるイラストに引き込まれた。

flemyさんのみちくさうさぎイラスト原画

うちのうさぎちゃんたちと。

flemyさんの絵を見ていると、どうしてこんなに心が遠い場所に行って、ストレスを忘れて浸れるんだろう・・・心が澄んで落ち着いてくるんだろう・・・

ずっと不思議だったんですが、原画を見て触れて分かった!!

flemyさんが描くイラストは「私が幼い頃夢見ていた世界」なんだなーと。夜な夜なその原点に帰ってたんだな。

私が家の中で一番好きなスペースに飾りました。

自分の家って、インテリアって、自分自身で好きにコントロールできる空間。
心から安心できる場所。
こうしてまた、もっと好きな空間に近づいた。
写真に写してない家の中はすっごいゴチャゴチャしてて髪の毛がやたら落ちてて汚いけど、私はここさえ整っていればいいwww

余談ですが、よくよく考えると家でも外でも絵本のある場所が好きです。絵本があるって「やさしい場所」の印みたいで落ち着く。

うさぎと私の関係。

うさぎは実は小さい頃から思い入れのある動物です。

どーでもいいと思うけど書く。

父が私に初めて買ってきたお土産は「うさこちゃん」(ミッフィーちゃん)の絵本だったそうな。

そして、2~3才の頃なのに見てた記憶があってすごくはまってたと思われるテレビアニメは、うさぎの家族が主役の「メイプルタウン物語」。けっこうレア??知ってる人、いるかな?笑

メイプルタウン物語

メイプルタウン物語

幼稚園入園のとき、母が私の持ち物すべてにうさぎのマークを描いてくれました。
刺繍やワッペンじゃなくて油性ペンでミッフィーちゃんみたいなうさぎのイラストを名前の横に描いてたのを覚えてる。
母は絵が得意じゃないけど、きっとうさぎ好きな私が喜ぶように、自分の持ち物を見つけられるようにって思って描いてくれたのかな~と思う。
自分がくま吉の幼稚園グッズを準備したときにしみじみ思いました。

それからいろいろと変容しつつも常にうさぎ好きだったわたくし。

シルバニアファミリー。

マロンクリーム、やばい、いまだに欲しくなる・・・!

中学時代はピーターラビットと、ターシャ・テューダーおばあちゃんの世界にはまる。

ママになっても子供用の絵本をふわふわのうさぎちゃん目当てで買ってみたり…。

おうちえいご園「絵がかわいい英語絵本Richard Scarry」

それから、HNがにゃーごというくらいなので猫も好きなんですけどね。猫の話はまたの機会に。

子供が夢見る世界

幼い頃、アニメや絵本で見たメルヘンな世界に憧れてました。自分がその世界にいることを想像して没頭して遊んでた。

今、遊びに没頭する子どもたちを日々見てるのに、30年も昔のことだからすーっかり忘れてた。

flemyさんの独特のイラストをみると、あの頃にタイムスリップできる感覚。自分の原型の幸せを感じる箇所を取り戻すかのような。

そんなイラスト原画をおうちに飾れてすごく幸せな金曜日でした。

色合いもにじみ具合も手に持つ草花も全部好み。

この感じ、好きって方はflemyさんのブログを訪れてみてください!

兎徒然 うさぎと暮らす日々、ときどきアート

にほんブログ村テーマ 昭和の思い出へ
昭和の思い出