プリスクール、母子分離6回目。不安顔が消えない。

先週、今週と無事母子分離プリスクール行けました~。

5回目6回目はあからさまに泣くことはなかった!四六時中ずっとグズグズはしてるみたいだけど腹はくくってる様子。

それは良いのだけど少し気になってるのが、お迎え前に窓からこそっと覗いたときの息子の表情。

常に不安顔。

糸が切れればすぐに号泣するような顔で、体だけ淡々とその場に居合わせている感じ。

周りの子は無表情の子もいるけど不安顔ではない。顔が不安そうなだけで泣いてはないので先生からはあまり気にされてない。

友人ファミリーを描いた絵。一番左が赤ちゃんらしい

元々不安の強い子なので、母子分離に行けてるだけでも凄いので、「不安顔するな」と思っているわけではなく、本人が頑張りすぎてないかな、親としてなにか出来ることはないかな、と。(これも過保護なのか)

本人の口から出る言葉を聞くからに、

● プリスクールで英語の歌をうたったり、先生とのやりとり、工作するのが楽しい!興味あるし行きたい

● でも子供が沢山いるのが怖い、ママがいないとイヤだ、行きたくない。

という両極の気持ちをいったりきたりしてるように見える。

今週は朝は「早くプリスクール行きたい!」という言葉が出たんだけど、表情はことばと裏腹に半べそでものすごくイヤそう、不安そう、つらそう。

親がついていれば本来の息子らしくあれて、言葉数も多く、堂々と行動できるのに、いないとすごく消極的。もっと本人が自分自身を楽しめるようにしてあげたい。

私にしてやれることを必死に考えてみた。

そして思い付いたのは

息子の得意分野、今一番の興味である工作なら母子分離でも本人らしくいれるかも?普段自分に自信なくてネガティブ思考全開の不思議3才児ですが工作に関してはわくわくさん並みに自信あるみたいなので。親がそばにいなくても本来の彼らしくいれるんじゃないか。(絵本好きなので図書館のイベントは私が見えなくても大丈夫。プリスクールでも工作の時間があるが短い。)

未就学児に母子分離の工作教室なんてあまりないとは思うけどアンテナ張っとこう。

息子完全自作品、毎日量産中

あと、同年代の子供に慣れたり、一緒に楽しく遊ぶ機会をもっと増やしてあげれたらいいな。

スポンサーリンク