1才の子供部屋はこう変わりました!!

0才から1才、ねんねからお座り、歩く、走るまでになり、身長は30cmも伸び、部屋も少しずつ変わっていきました。

最近のうちの子供部屋スペース。

IKEA子ども部屋

本棚は、絵本の収納と、アウター類のクローゼットと、積み木ほかおもちゃの収納スペースを兼ねてます。

絵本は、歩けるまでは最下段に並べていたけど、歩くようになってからは下から2段目に上げました。

出し入れしやすい高さみたいで、お片付けもたまにしてくれます。

毎日ここの7畳で電車のレールを広げて遊んだり、絵本を広げてみたり、カードをばらまいてみたりと、散らかし放題。

リビングの続き間なのでリビングもけっこう散らかります^^;

チェストの上は息子は届かないので私が好きに飾るスペース。

今はクリスマス風?冬風にしたつもり。

IKEA子ども部屋赤ちゃん0才1歳

信州のカラマツの木とスター型のLEDライトガーランドを飾ってます。
インスタグラムで大人気の海外雑貨店Setteに行ったとき買いました。雑貨はオンライン販売もしてますよ。

リビングのほうにはIKEAのおままごとキッチン(過去記事)を置いていて、そこと行ったり来たりいつもチョロチョロ。

イケアおままごとキッチン

0才の頃に比べるとチョロチョロ度が格段にアップし至る所に出現するので、頭をぶつけないようにとか、足をひっかけないようにとかいろいろ気を使います。

気を使っててもやはりこけるのが赤ちゃんなので、子ども部屋とリビングの一部にはまだジョイントマット(過去記事)を敷いてます。

一度自分で頭を床にぶつけてみました。

フローリング、かなり痛い。

ジョイントマット、そうでもない。違うなあ~~。

いったい何歳までジョイマを敷いておけばいいんだ。

ちなみに子ども部屋で写してない部分は大量のオムツストックや洗濯干しグッズが乗せられたベビーベッドなど、とてもじゃないが人さまには見せれないです!!

また定期的に子供部屋をUPしようと思います。成長が分かる。

これまでの赤ちゃん・子供部屋記事はこちら

akachaninterior

maternityfashion
maternityfashion

スポンサーリンク

スポンサーリンク