転勤族のジレンマ。都会?田舎?隣の芝生は青い。

スポンサーリンク

日曜日。

夫が仕事でいなくてテンション上がらない日曜日…
単身赴任だとこんな感じかなぁなんて思いながら
朝、窓を開けて外の空気を感じたら「あれ?蒸し暑くない?」

日陰は風が気持ち、良いお天気でした。

木や植物を見ながら歩くと気分がスッキリします。
九州・四国・大阪・東京と北上してきている我が家ですが、
街路樹や都市整備の美しさ、街にもよるだろうけど東京がダントツ。

夏の帰省から東京に戻り、
地方都市ホームシックにかかっていて、
昨日会った転勤族の友達も「同じ同じ!」って言ってくれてそんな話を沢山しました。

”東京もいいけれど、子育てはもっと本物の自然に近い場所で、複数の大人と一緒にやりたいよね。
日常的に1時間圏内で海や山や川に出かけられたら…そんな場所に暮らすほうが子供には自然…”
そんな話です。
いろんな地域に住む方がブログを読んでくださっていると思うので、「東京のほうがいいよ!」「ないものねだり!」と思われるかもなぁと思いつつ。まぁ「ないものねだり」には間違いありません。どこに住んでも善しあしあるのは分かってるつもり。

それに、ひとくちに地方といってもいろいろですしね。

スポンサーリンク

田舎=自然があって子供に良い環境ってわけじゃない。

約4年前、とあるのド田舎の産業都市に住んでいました。
田舎なんだけど、産業の町だし子供と楽しめる自然というのがあまりなくて、
道路は整備が悪く歩道も危なくて、産業トラックの排気ガス臭くて
まちにお金がないから公園もすごく少なく(そもそも住宅用途地域じゃなかったり)
欲しいサービスもないことがほとんどで
人口は少ないのに病院軒数が少ないからけっこう混んでいて
田舎メリットゼロやんって落ち込んでました。
遠目に見る山は美しかったしのどかな風景もあるにはあったのに、住環境の大半に不満がある自分のせいで「のどかな風景」が「寂しい風景」に変換されてた当時。合わない場所に住むってほんとツライ。
けっこう極端な例ですが↑
ひとくちに田舎といっても千差万別ということを学んだ。

そこに住んでいたときは東京・大阪はじめ大きな都市がまぶしくて、引っ越したくてたまらなかった。でも実際に大阪(北摂)や東京23区に住んでみたら、100%好きになれていない。

んで、住みたいと思うのは、都会すぎない・田舎すぎない・ほどよく発展してる地方都市。海外や都心へのアクセスと同じくらい自然にもアクセスしやすい場所。あと食べ物が美味しいこと。
(例えば福岡市… 住んだことあるし…友達もいるし…いつか永住したい…)

やっぱりねぇ・・・
自分が今手に入れられないものがよく見えるし欲しくなってしまう。

でもこういう話をしてウンウンって分かり合える友達がいま身近に数名いるってことは、もう東京もホームだよなぁって思えてきたり。教育環境も選べるしもうここに定住しちゃいたい!って思う時もあったり。

ここにはガチの海や山はないけど
文化的な活動には事欠かないし、人口が多い分、求めればどんな出会いも発見もある。

東京にいる間はそういうのを楽しもうってアイデアでいることが、日々を楽しむには必要なようだ。住めば都の精神。

青いどんぐり落ち始めたよ

で。どうするよ

夫の転勤は今後どうなるか未定ですが、東京から離れる辞令がいつか下りたら…行先が、住めば都になりうる地方都市なら定住したいなぁ。定住したい一番の理由は、子供の学校のこともですが、人間関係を築いては去り、築いては去り…っていうのが辛すぎる。そりゃ単身赴任も嫌だけど。
定住したいなぁと思う場所をみつけたら、まずは賃貸で住んでみて地域のことをよく知って、覚悟を決めたら家購入か?イヤ、今後の家賃の相場を考えると、一生家を持たずに賃貸で定住っていう選択もありなのかな~とも思います。中古リノベとかも憧れるけどなぁ~あ~もう分からない。

自分の住む場所は自分で選びたいのだ

今全部を読み返してみて、言ってることが矛盾していたり、全然まとまってませんね。

転勤族として転々とし続ける限り、私の中の「隣の芝生は青い」「考えがまとまらない」状況は続くのかな~と思います。

日本では転勤族って普通に沢山いて、普段は疑問も持たないけれど

”自分の住む場所を自分で決められない。”って人生に致命的ですよね。

これだけはね、「隣の芝生は青い」って話じゃないと思ってるんですよ。

仮に会社から「退社後の過ごし方」を毎日指定されたら怒ることなのに、家族と暮らす場所は会社の他人に握られていて、家族がバラバラに暮らすことも当たり前…。

いやなら転職したらって話の前に、転勤(配置転換)って本当に必要…?

夫は仕事を頑張ってるし、引っ越しは彼が悪い・彼の責任と思ってるわけでも、今の会社が特別悪いと思ってるわけでもなく。むしろ夫には感謝と愛しかないのに。転勤という仕組みが日本の世にまかり通っている事実は私には合わない、というのが常々思うことです。かといって憂鬱になっていても仕方がないし、決める時は決めないといけない。

どこかで腹をくくるしかないんだろうな!!!

ぐるしい

引っ越し関連の記事まとめ

スポンサーリンク

シェアする