子育てについて周りからの傷つく言葉。落ち込んだときに思うこと。

スポンサーリンク

こんにちは。にゃーごです。

生後9ヶ月のまる子と3才8ヶ月のクマ吉を育てています。

子どもの悩みや困りごとについて、親世代からの言葉で傷つくことってありませんか?

「そんな育て方だから」「あなたが××だから○○ちゃんがこうなった」と言われるのが一番嫌いだしやめてほしいです。

その子を一番知っているのは親だし、母親なりにその子がうまく育つように精一杯してる。なのに。

そしてそういうことを言ってくる人というのは、決まって、

実際にそういう子を育てたことがない人です。

だから親の苦労も、その子どもの気持ちも、なにも本当は分かってない人なんです。

自分の経験と理論だけでジャッジするから人を傷つける。無視するのが一番。

でも無視がなかなかできなくてモヤモヤすることも多い。

過去記事参考: 子育て中のうざい助言「クソバイス」には安全なスルー技を。

私の場合、息子くま吉が生まれつき敏感で育てにくい部分があることを、私の接し方のせいにされることがよくありました。

息子に対していちいち先回りして細かい配慮を回す私は、親世代からすれば「過保護」に映るみたいです。

まぁ実際確かに過保護だったし神経質に育児してました(笑)必要な部分も過度な部分もあり、一概に悪かったとは思わないけど。

いろいろ調整して今は悩みも減りいい具合に落ち着いてきたと思ってるんだけどいまだに言われるねー。息子くま吉の敏感さ、繊細な気質を無視して接してもっとたくましく育てろと。

はいはい、息子の気質は無視せずに、

そのクソバイスを無視しますね。と心の中で思う。

時には人の言葉に傷ついてどん底に落ち込み、呪いつつ(怖)、なんとか今があります。

子どもの気質を否定したり、母親に「あなたが悪い」と言って落ち込ませたら、母親は楽しく育児できなくなって、最終的にかわいそうなのは子どもです。

だからおじいちゃんおばあちゃんや子育ての先輩方は、頑張ってるお母さんを闇雲に責めるようなことを頼むから言わないで欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました