子供が自分で出来る事をやらなくなる時。まる子3才4か月成長記録。

スポンサーリンク

LINE@!月1くらいで配信中。


LINEaccount
ママにゃ~ご(@ikuji_info)です。

まる子、3才半だとテキトーに言ってたら3才4か月でしたwwww

スポンサーリンク

3才4か月成長記録

①トイレやお着換えの退行

自分でトイレに行きズボンを脱いで用を足す、が出来ていたのに…

夏休み頃から、自分ひとりでやりたがらなくなってしまいました。

お風呂の前後の着換え、おでかけ前の着替えも、手伝ってあげないとグズグズ。

「手伝って欲しい」のははっきり読み取れるんだけど…

 

にゃーご
にゃーご
(え~自分で出来るのに!自分でやってよ~!!)

と内心イラッしちゃうんだよね。

そのせいか余計頑なになるマル子。

しまいには
「トイレいかない!!」
「お風呂はいらない!」
「お着換えしない!」

ドンドン悪循環でした…

 

イヤイヤの直接的な理由はさっきも書いたように

「ママにもっと手伝って欲しいのにやってくれないから」だと思います。

にゃーご
にゃーご
(これは子供の要求をのんで甘えさせていい所なのか?それとも甘やかしになるのか?)

いろいろ考えて…

どの本だったか覚えてないけど過去に読んだ話を思い出しました。

 

子供が自立に向かう時に、今までの親のケアをまた受けたいような恋しい気持ちになって退行することがある、という話。

「自分が望めばいつでも親のケア・サポートがある」と子供が確認でき安心すれば、また自立に向かっていける、って話だったと思う。

で、出来る範囲でまる子のお望みに沿って手伝う(ズボン・パンツを脱がせてあげる、はかせてあげる、手洗いにつきそう)したら

さっとイヤイヤが落ち着いて、

自分からやる意志もまた戻ってきました。

「3歩下がって2歩進む」

まるですごろくのようにして成長していく。

いきなり6歩進んだかと思えば、急に後退して、また進んで。

思えばこれまでもその繰り返しで進んできたなぁー

 

幼稚園ではトイレに限らず頑張って自立してるみたいなので、家では時々甘えさせていいかな~と構える。

これもずっとは続かないと思うし、自立の前に心の安定ですよねきっと。

 

にゃーご
にゃーご

私がイライラせずニコニコ対応するのがまる子にとって肝かも…。

② UNOが好きになった。

もともと兄くま吉(6才)から始まったUNO。

最初は意味が分からなくて「やりたくない!」だったまる子がむしろくま吉よりもUNO好きになりました。

時には勝利して喜んでます。

細かいルールは分かってないけど、色合わせ・数合わせとして楽しんでます。

③ ピンクピンク・プリンセスプリンセス

にゃーご
にゃーご
最近やたらとピンクピンクを望みプリンセスプリンセスを欲するようになってきたんです。

ピンクはだいぶ前から好きそうにしてはいた。

加えて、幼稚園で一番仲のいい女の子が「私ピンクが好き!」と言ってるのを聞いた影響かなーと思う。

プリンセス好きに関しては誘導ゼロなのに不思議だなぁ。

思い返すと私も幼稚園生の時お姫様大好きだったんですよね。絵本で読んだのか。

まる子は、”The princess and the pea”という地味なアンデルセン童話絵本が初のプリンセス本。
先々週借りてみたら気に入って、暗唱できるくらい読んでました。(1日で忘れるけど)

④虫採りが好き

1才位からチョウチョが大好きなまる子。

網を持って出かけて公園で自分で捕まえたこともあります。けっこううまい。

昨日はトンボを2匹自分で捕まえました。

外でチョウチョを見かけると虫採りの血が騒ぐらしく「網!網!」と叫ぶ。

虫が好きだけど、くま吉の時みたいに図鑑で観た虫を次から次に覚える感じではなくて

クワガタを見てカブトムシって言ったりコオロギって言ったりですけどね…

間違えても別にめげないし、おとぼけでカワイイ。

時々突拍子もない珍回答が出てきておもしろいおもしろい。

まる子は最近迷路が大好きなので読んでいる迷路本、絵本も今度記録したいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました