幼稚園生活、親の忘れ物は避けたい。

スポンサーリンク

無事入園したはいいが、幼稚園から指示される持ち物や提出物にいちいち手間取っています。

ひとつひとつは全然たいしたことじゃいんだけど、昼間は子どもが居てうるさくてしっかり落ち着く暇がなく、夜は疲れきった頭なのでウッカリが多いのは私だけですかね。

今日は、幼稚園に持ってきてと言われたあるものを、持っていったはいいが所定のかごに入れるのを忘れて鞄に入れっぱなしで帰ってしまった…。

とりあえず今は親子とも「慣れるのに必死」の日々。

それから今気を付けているのは、お迎えの際に必須の

保護者カードをなくさない!持っていくのを忘れない!

ということ。

玄関の棚に、家の鍵と一緒に置いたり、あえてドアノブにひっかけたりしてます。

キーフックを玄関扉にでもつけて、出掛けるとき必ず見える位置にかけておこうかな~ そうでもしないと慣れて来た頃忘れそう。(←忘れ物大魔人)

子どもがくま吉だけなら大丈夫だったかもしれないけど、まる子の急なうんち対応とかで時間に追われてるとほんと自分をグーで殴りたいくらいの凡ミスを連発してしまう…。

忘れ物だけでなく、保護者会など大事な行事の日程もウッカリ忘れそうな私。カレンダーにはもちろん書き込んでいますが、、、もっと対策しないとダメな気がする。

くま吉のおしたくボードよりも、私の物忘れ防止ボードが本当は必要なのかもしれない。

忘れ物対策をするにあたって、ぶらっとダイソーに行ってプリントファイルや玄関キーフックなど見ようと思ったけど、

先週末行ったときにあまりの混雑と長蛇の列に怖じ気づいて帰ったことを今思い出しました。

春、新生活、新学期、新年度。みんなまずは100均で揃えるよねーー!

並ぶのが嫌だからとりあえず家にあるものだけでなんとかしようと思います。

今日のくま吉の絵。また虹!今度は虹の機関車。

今日も初日ほどではないもののぐずぐず顔でした。でもまぁ慣れていけそうな気はする。自転車に乗せる頃にはケロッと笑顔になっていたから。

ただ、

家に帰ってから気づいたけど、頬にかすり傷が。

よくよく話を聞くと、お友だちがおもちゃで叩いてきたらしい。嫌だった、怖かった、と。

慰めてあげてたら、その後はまた楽しそうに遊び出しました。

ずっとそばで見守ることはもうできないから、その出来事が子どもにとってどのくらいのインパクトがあったのかは、親は敏感に感じ取るしかなく、必要とあらば動く。くま吉は本当にセンシティブな気質(HSC)なので「そのくらいのこといちいち気にしてたら生きていけないよ!」なんてことを言えない。こんなのよくあることなんだろうけど。

親が図太く育てスタンスだと、本当に嫌なことがあったときも親に言わない子になるタイプ。くま吉は。

あーでも私自身はもっと図太く鈍感で強い人間になりたい。