クリスマスプレゼントにマグビルドを買いました。

スポンサーリンク

こんばんは!
クリスマスまでまだあと1ヶ月以上あるのにクリスマスプレゼントを子供に渡してしまった親です。

まる子のクリスマスプレゼントは、絵本と、昨年から気になってるこれ。

お気に入りのぬいぐるみがおしゃべりするように!クリスマスに魔法のプレゼント。
今年はAIスピーカーGoogleホームを買って子どもと楽しんでいますが、なにやら他にも子どもと楽しめそうなモノを発見!!...

くま吉向けのプレゼントは自分が待ち切れずもう与えた。その理由は後半で…。

まずは買ったもののレビューから!

スポンサーリンク

「ピタゴラスひらめきのプレート」風マグネットパネル「マグビルド」を買った。

知育玩具・右脳開発としてベストセラーの「ピタゴラスひらめきのプレート」なら聞いたことある方も多いと思うんですが、それとよく似たマグネットパネルのおもちゃです。
展開図や立体に興味を持ちだした4才くま吉メインのプレゼントですが、
1才7ヶ月のまる子にも良さそうと思い購入しました。(一応対象年齢は3才以上)

マグビルドというマグネットブロック展開図おもちゃ

正方形、正三角形、二等辺三角形、窓パーツなどが入っていて、平面でも立体でもいろんな形が作れます。

こういうおもちゃ、算数脳を養う知育に良いですよね。

小学校になって算数でつまづく子が多いのは、それが抽象性の高い教科だからだそうです。

小さい頃から形や数、量を使って遊んでいると具体的イメージがつくようになり数学の基礎や思考が育つそうな。

また、レゴや積み木にしてもそうですが、もともと完成形のおもちゃではなく創造の余地があるもののほうが繰り返し遊べるし想像力、表現力、応用力もつきます。

<4才・プレート展開からのハウス作成の様子>

マグビルドkitwellピタゴラス

マグビルドkitwellピタゴラス

マグビルドkitwellピタゴラス

マグビルドkitwellピタゴラス

こんな感じで感覚的に組み立てていってます。
1才のまる子はまだこんなのは作れませんが、形を並べてみたり、両手に持ってくっつく感覚を楽しみながら遊んでいます。1才と4才両方がそれぞれのレベルに合せて遊べるおもちゃは貴重です。

ピタゴラスとの違いー「透過性」がメリット

初めてこのマグネットプレートおもちゃを見たときのくま吉の一言が
「これなにで出来てるの?ガラス?」でした。
半透明なのでガラスかと思ったらしい。
実際はプラスチック製です。

半透明だと作った立体の中にレゴ人形なんかを入れても中身が見えるし、内側の辺もよく見えるので構造の理解が進みます。ピタゴラスひらめきのプレートだと透過性がないんですよね。

全体量、サイズ感がちょうどよし。

全部のパーツ量が分かりやすいように平面で広げてみました。

マグビルド、マグネットブロックで遊ぶ

全部で60枚。ちょうどいいくらいの量かな。シンプルな幾何学的形のみなのが良いです。

あ、大き目のプレートも2枚ありました。

マグビルドのプレート大

Amazonの別の類似商品は、全体的にもっと大き目で、車の台車パーツなどもあり収納場所を取りそうな感じでした。

1枚のプレートのアップ写真。正三角形のサイズは1辺が7㎝。

ピタゴラスプレートと比較

安全性や子供の使いやすさは?

一番小さな正三角形のパーツでも、1才のまる子の口に入りきれないくらいのサイズなのでわりと安心です。(このおもちゃは対象年齢3才~)
形の「辺」部分にマグネットが入っていて、2枚を合わせるとズレることもなくしかるべき位置でくっついてくれます。
注意)使い方によっては2枚が磁力で合わさるところにまる子の柔らかい皮膚が挟まって痛い思いをしたことがありました。そういった点では、マグフォーマーのような、面パネルではなくフレーム状で丸みもあるタイプのほうが1才代の赤ちゃんには扱いやすい。というか「だからマグフォーマーのほうが普及してるのかも」と納得。

マグフォーマー 30ピース レインボーセット MAGFORMERS マグネットブロック 創造力を育てる知育玩具 【30ピース】 [並行輸入品]

マグネットパネルの収納

新たなおもちゃを買うと問題になってくるのが収納スペース。
しかしでかい箱の割に、中身自体はけっこうコンパクトでした。

マグネットブロックはコンパクト

マグネットブロックで遊ぶ1才

集合すると重さがけっこうあるので、天然素材のカゴよりもプラスチックの箱がいいかな~。収納考えるのもそれはそれで楽しい。

他おもちゃとの組み合わせも可。遊びの発展性アリ。

「他のおもちゃとの相性」と「発展性」も新しいおもちゃ導入時に重視してマス。

マグネットパネル Feat. LEGO DUPLO

マグビルド・レゴデュプロ・ピタゴラスプレート遊び

当然ですがサイズの互換性などないので、LEGOの構造物の上に置いてみたりレゴで作った車に乗せて運んだりして遊んでました。
ちなみにマグネットパネルはレゴと違って触るとけっこう簡単に崩れるので、「ここに作る」と決めてから展開させないとギャーになります。

マグネットパネル Feat. Peppa Pig

マグネットブロックとレゴを合わせて遊ぶ

MommyPigさんの別室

マグネットパネル Feat. 生き物フィギュア

マグネットブロックで出来ること

マグネットパネルと他のおもちゃとの相性、今のところまぁ悪くはないかな。抜群だぜ!って風でもない。

おもちゃとしての発展性は、単体であってもかなりあると感じています。

あらゆる場面で「これ使ってみたらいいかも?」が出てきそう。

新しい遊びのバリエーションが増えたらこのページに追記したりTwitterで発信していこうと思います。
追記!!

ずっと検討していた「ピタゴラスひらめきのプレート」は
子どもの年齢に応じてシリーズ化されています。

1才から使えるキューブタイプ
(友達のお宅で使ったことあるけど、欲しいと思わなかった)

ピタゴラスシリーズ ピタゴラスキューブ これな~んだ? 20パーツ PGS-322

1才半からのプレートタイプ(定番。これが最初欲しかった)

ピタゴラス ひらめきのプレート

4才から向け

ピタゴラスシリーズ 男の子脳を刺激するピタゴラス 31パーツ PGS-113

ピタゴラスシリーズ 女の子脳を刺激するピタゴラス 33パーツ PGS-114

お値段と買ったアイテムの詳細

ピタゴラスシリーズは長年売れてるだけあって製品としては良いんだろうと思いますが、ちょっと高いんですよね。
この枚数に対してこの値段か…う~ん、みたいな。
1才過ぎからの知育として、
ピタゴラスシリーズを何度か検討しては辞め、検討しては辞めを繰り返してもうなかばうんざりしていたところにAmazonの「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という便利な機能から出てきて気になっていたのがKitwellのマグビルドでした。5千円を切る価格が予算にマッチ。

この商品はピタゴラスと一緒に遊べるとレビューしてる方もいました。(私は未検証ですのであくまでもご参考までに)

Amazonの商品名は「KitWell マグネットブロック 7種類 60ピース マグネットおもちゃ ピタゴラス 磁石 ギフト」で、ほぼキーワード羅列www類似品が沢山あるので気を付けてね。
箱には「マグビルド」とでかでか書いてあり商品説明欄もあります。商品ページにはAmazonにしては珍しく説明文や写真も多いです。Amazonによくある「海外から直で送ってくるやつ」ではなく国内の代理店を通して一括輸入したものだと思われる。

KitWell マグネットブロック 7種類 60ピース マグネットおもちゃ ピタゴラス 磁石 ギフト

マグフォーマーのようなフレームパネルタイプも同シリーズからあり。

KitWell マグネットブロック 10種類 70ピース マグネットおもちゃ ピタゴラス 磁石 ギフト

フライングプレゼントのワケ

ここ数か月毎日毎日「ママ~展開図したい「テンカイズシタイ」「立体作ろう」といってくるくま吉。
本人が自分で展開図引くこともあれば、ママがなにか展開図書いてと言われたり、ネットからいいのを見つけてこいと言われたり、要はとにかく「エブリデイ展開図」に疲れてきまして、おもちゃの力も借りようかなと思い至ったところです。

私が待てなかったよ。クリスマスプレゼント開封。

いわゆる「知育」に傾倒したいともあまり思ってないんですが、くま吉の爆発的知的好奇心には親として存分にこたえていきたい。

おうちえいご園更新しました!

幼児ポピーからリリースされる英語教材「ポピーKidsEnglish」への所感をまとめました。

ポピーKidsEnglishの最新記事

ブログ村ランキングで乳児育児2位なう

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村