ひといちばい敏感な子「HSCを守りたい」が7月8日発売予定!

スポンサーリンク

こんばんは。ママにゃーご(@ikuji_info)です。
5才年中くま吉と2才まる子を育て中。
子供服、賃貸キッズインテリア、知育などについて書いています。

スポンサーリンク

HSC(ひといちばい敏感な子)のために作られた本

ひといちばい敏感な子(HSC)に関する新刊「HSCを守りたい」のAmazon予約が開始され、7月8日には書店でも発売予定です!

うちには日曜日届きました。

斉藤暁子さんが著者なのですが、子供の幸せを心から願う親たち18名以上が全国から集まって、slackとWeb会議システムを使って話し合い共同で作り上げました。

微力ながら私も半年程制作プロジェクトに加わっていたので、手に取った喜びはひとしお…💛

届いたらみなさんまず口々に言われたのが、装丁の美しさ。
内容の前にまずみんなここで立ち止まってしまう程、表紙と挿絵のイラストが良いんです。癒されるんです。
以前ブログ内で紹介したフレミーさん(現在は永富月来子さん)、お料理上手なイラストレーターさんが描かれました。

「HSCを守りたい」の内容

HSCの気質を否定せず、受け止めて寄り添い、笑顔で生きやすいようにサポートする為のすべてが詰まっているような本です。

HSCの特徴や適切な対処が書かれた本や情報はここ数年で増えたのですが、
HSCの学校生活と将来、さらには親の生活と心構えという現実的な部分にまで踏み込んだ本はこれが初めてなのではと思います。

HSCがみんながみんな、というわけではないのですが、HSCで学校生活を苦痛に思う子は多く、不登校になりやすいそうです。じゃあ不登校ではダメなのか?子の将来はどうなるの?親は働けなくなるの?他の家庭はどうしてるの?(事例あり)、HSCの良い面や個性が花開く子育てとは?といった、親が知りたいと思う内容が多く掲載されています。

日本でのHSC第一人者・明橋大二医師も参加した座談会も収録されています。他にも数多くのゲストをお迎えしています。

↓この本は見たことがある方も多いはず…

息子くま吉の子育てに散々悩んで、2才~3才頃は保健所の発達相談にも何度も行きました。で、結局ほとんど何もわからなかったんですね。

この子にとって親としてできる一番のことはなんだろう、どうしたらもっと笑顔を増やせるだろう、、、

そんな風に考えていた時HSCという概念に出会って私たち親子は生きやすくなったので、このブログ記事がまだ知らない方が知るきっかけになったり、本を手に取るきっかけになったりしたら嬉しいです。

(Amazon、「1~2か月以内に発送」という表示になっていますが7/8の発売予定日以降さほど待つことなく発送されると思います)

当ブログのHSCの記事一覧はこちらです。

にほんブログ村テーマ HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中へ
HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中

スポンサーリンク

シェアする