私立幼稚園を辞めてからの日々。

スポンサーリンク

幼稚園に約2ヶ月通ってから、合わずに辞めました。

先のことは考えずスパッと辞めたので、親子ともに不安定な気持ちになりましたが

辞めてから今日で2週間。

やっと先の見通しが立って落ち着いたかなと思います。

今考えがまとまったこと(また変わるかもしれないけど)

・幼稚園は3年保育ではなく2年保育にする
範囲をかなり広めて探しましたが、行かせたいと思う3年保育の幼稚園がない。あと今くま吉が心に抱えているものを消化しないままに転園という選択がどうもしっくりこない。

・今年度まで自宅保育。元いた幼稚園の月謝範囲内くらいで幼児教室系や英語預かり保育、ベビーシッターを適宜使う。

くま吉の希望としては「3才の頃の暮らしに戻りたい。4才になってからの暮らしはイヤだった。」ということでした。入園前のように、曜日ごとに楽しい場所に出向いてゆるりと過ごそうと思います。

幼稚園選び失敗で、少なからずくま吉の心に良くない影響はありました。それが払拭でき、くま吉の心が平安を取り戻してから、2年保育で新たな幼稚園ライフが送れたらいいなと思います。

2年保育の子どもとの過ごし方

あと9ヶ月、自宅で見なきゃいけないんか・・・

正直しんどいネ!!!

ゼンゼン希望シテナイデス。

でもまぁ・・・もう仕方ないわ。

心配を抱えながら気に入らない幼稚園に送り出すよりいいわ。

くま吉、年少だけど5月生まれでもう4才なので、支援センターで入室できない場所も出てきました。

3年保育が主流の世の中、幼稚園に行ってない3~4才児が行ける場所って限られてます。

支援センターはやはり1~2才の子が多くて、4才のくま吉はちょっとアウェー感があり肩身は狭い。

それで、最近は児童館に通ってます。幼稚園辞めるまでは行ったことがなかった。

児童館だと4才が4才らしく遊べる場があるにはある。年齢別のイベントもあり、幼稚園っぽい導入や歌、踊り、工作、盛りだくさん。母子一緒の幼稚園のような感じ。

今いってる児童館は、先生たちがとても明るく親しげでいつも優しく迎えてくれる。

やっぱり先生って、人って、大事だよな。

児童館の他にも、探せばちょろちょろいろんな場所で4才児が参加できるイベントがある。保育園の地域イベントをお友達が教えてくれたり、ちょこまかと情報をかき集めてカレンダーに書き込み。地道な作業。

それから、今考えている公立の2年保育幼稚園のイベントや施設開放、園庭開放にも行っています。先生方にも覚えてもらってくま吉嬉しそう。園のお母さん達がよく話しかけてきてくれ、園のことをよく教えてくれる。入園まで行っていた場所の情報も。

いろいろ楽しい場所に足を運んでいくうちに、くま吉の外出拒否が今週から緩和されました。私立幼稚園に通っているときは、精神的疲れもあってか外出完全拒否だった。

幼稚園に行かないと得られない刺激も沢山あることだろうけど、幼少期の貴重な自由時間、中身のある過ごし方をしていきたい。

今はまだ「過ごし方」は模索段階なので、2年保育の「あと1年どう過ごせばいいの」に関しては半年後くらいにまたリライトできたらいいなと思います。

辞めてからの心境変化

外に出てるといろんなママやおばさんから「いくつですか?」と声をかけられ、4才と言うと「幼稚園は・・?」と聞かれるパターンが多くてはじめは言葉に詰まっていた・・・。くま吉の手前もあって。あと、幼稚園を一人だけ辞めたことでなんとなく孤独感もあった。

でも先週後半あたりからなんか吹っ切れて「合わなくて辞めました~ハハハ~」と笑顔で返す。「えっ、なんで辞めたんですか…?」とすごい怪訝そうな顔をされますけど。いやまじで。わたし離婚したんです~、エッ!くらいの顔されますよw 明日からはもう辞めたじゃなくて「2年保育で来年から通うんです」にしとこ。

くま吉のほうは、始め環境の変化に混乱していましたが、だんだんとくま吉の心は元いた幼稚園から児童館に「外での居場所」が切り替わってきて安定してきた気もする。

さいごに

子どもがくま吉だけならあと数か月自宅で見るのはそんなに大変ではないし、くま吉のような敏感タイプ(HSC)にとっては本来それが一番いいのかもしれません。何が大変って、1才児と4才児を同時に見てることがね・・・もうほんとツカレル。
区立にいれたらバスなし給食なし。徒歩かチャリ通園。私個人的に苦行の道!!でも今のところ幼稚園の方針や園長の考え方で納得がいくのが、通える範囲では区立しかないです。これも運命か~。そしてこうして2年保育前提で私が計画していてもいつ落ちてくるか分からない転勤爆弾。ほんとに爆弾だ。

さいごにその2

6月7月と幼稚園の説明会があり、来年3年保育入園のママたちがそわそわしだしてる時期。児童館などで、2才児ママさんから「幼稚園どちらですか?」とか「○○幼稚園ってどうなんですかね?」とくま吉が行っていた幼稚園を聞かれることもあります。返答にちょっと困る。言葉を慎重に選ぶ。
日本の常識では違うかもしれないけど、私は、自分が見たこと知ったことは、「事実」は本当のことを伝えるべきだろうって思ってる。それを聞いたうえで「その程度なら妥協範囲内。」って思う人ももちろんいるだろうし「うちはそういう幼稚園ムリ!」って思う人もいるだろう。うちのような失敗をする親子がまた出るのはいいことではないので、自分が口悪い人って思われたとしても構わないや。

<予告>
来年私立幼稚園に入園予定の方、幼稚園選び失敗者として、失敗チェックポイントを今度かきますね~。