入園準備:子どもがスイスイ動く「おしたくボード」と時計

幼稚園スタートまで2週間を切りました!

入園準備として年明けから進めていたおしたくボード、なんだかんだでやっと完成。

100均のホワイトボードに、マグネットシートを機関車の形に切って貼りつけ。
丸いトーマス顔風マグネットを動かして使います。

おしたくボードで外出準備をスイスイ

最初はこの状態。顔がしかるべき場所になく変な感じ。

書いている支度をすべて達成できたら、機関車の顔をくま吉がうれしそうに動かします。

マグネット式おしたくボード

上2段は朝の支度。下段は帰宅後にやることで作成。

上2段は朝の支度、下段は帰宅後にやることです。今はプリスクールに行く日に使ってます。

材料は主に100均

・ホワイトボード(ダイソー)
・木製マグネット(ダイソー)
・マグネットシート(セリア)
・ホワイトマーカー(レイメイ藤井)

マグネットシートは、裏返して黒い面を前に出したら、磁石が効かなくて結局両面テープで張り付けてます…。

ホワイトボードの木部分は自分でワックスで茶色にしました。
プリント掲示用のウッドバインダーも同様。

プリント管理アイテム【バインダー】をDIYアレンジ。
幼稚園に入るといろんなプリントが配られて管理が大変らしいです。 ワタクシ物忘れや紛失癖がひどいので、いつも目につく...

おしたくボードはいろんな作り方があります

AERA with kidsのおしたくボード特集を参考に作ったのですが、家庭それぞれいろんな項目、手順、タイプがありました。

【AERA with Kids 特別編集】「早くしなさい!」はもう言わない 模擬時計とおしたくボード (AERAムック)

・マグネットシートを裏返して使うタイプ
表面にやることを書いて、出来たら子どもがひっくり返す。裏面には「できたね!」などメッセージを入れる。

・磁石を移動させるタイプ
丸い磁石などにマステを貼りその上にやることを書く。やったらマグネットを「済み」エリアに子どもが動かす。

・マグネットを置くタイプ
やることの一覧を作り、出来たところには子どもがマグネットを置く。うちはこのタイプです。

くま吉は機関車が大好きで、その形を使えば喜んでやってくれるだろうと思ってその形にしたところ自分から進んで出かける準備をするように。ま、始めだけだろうけどな。流れを覚えるだけでもヨシということで。

それから、以前から気になっていた知育時計も新調しました。

入園準備:自立をうながす身支度グッズを用意しました。
こんばんは。ママにゃーごです。 3才9ヶ月のくま吉と生後10か月のまる子を育てています。 先週1...

ふんぷんクロック

けっこうでかかった。

くま吉の身支度スペースに~と思ったけど思いのほか大きくて、リビングに設置することにしました。

機能面重視ぽくてインテリア的にどうかな?と思ったけど、デザイナーズなのでこれが思ったよりも自然に馴染んだ。

導入して数日。当たり前ながらまだまだ時計は読めないけど、「今なんじ?」と興味を持ってきたときに「分」の読み方がとにかく教えやすいです。

・・・

準備は整ってきたけども・・・

4月から毎朝起きる時間が今のままだと全く間に合わない。少しずつ早起きに変えていかなきゃ~。

入園準備・幼稚園、身支度スペースの関連記事はこちらからどうぞ。