自分が通った幼稚園をストリートビューで見て分かった驚きの事実。

スポンサーリンク

みなさんは小学校以前の記憶ってどのくらいありますか?

私はそんなに多くないんですが、

幼稚園生の頃の記憶ですごく覚えているシーンがあります。

年中のとき幼稚園のお友達と子供同士で公園で遊ぶ約束をして、
それを母に伝えると、その公園まで連れて行ってくれました。

「お友達と遊んでてね」と母は私に言い残してどこかへ…

今の母親だと公園に年中児を一人置いてちょっくら用事へ…ってやらないけど昭和ってけっこうテキトー&放任でしたよね…?
で、待っても待ってもこない。お友達が。

幼稚園生の約束なんてそんなもの。
母の姿も見えない。

誰もいない公園。

よく知らない大きめの公園。
(怖い。どうしたらいいの???)
(お友達こないよ、お母さんもいつ迎えにくるか分からない!!!)

ものすごく不安だったんです。半べそだったと思います。

いまだに脳裏に情景が浮かぶ。

思い出すたびに、あの時私を公園においてどっか行った母をちょっと恨む!!!

でね、

今もう34才ですよ。

こないだ自分が昔通った幼稚園(転勤族だったので2年ほどしか住んでいない地域)をGoogle Mapで見てみたんですね。

航空マップイメージ

なんとなーくしか覚えてないんだけど、それでも懐かしいな~~~と。

こんな園庭だったな~ この遊具まだあるんだ~~。このパネル絵見覚えあるぞ!?

これはイメージ

あ~懐かしい~~~!!!

って浸ってました。

ふと気づくと、

幼稚園のすぐ隣に公園があったんです。

そう!私が母に置き去りにされたと思った”知らない公園”が。

幼稚園の真横にあったの~~!!!しかもっすっご~~~~い “ちんまり” とした公園!!!

母に確認したらやっぱりそうだった。

母からしたら「娘の知らない公園」じゃないし
母は幼稚園の門前か窓から遠目に私を見ていて、いつでも行ける距離に安心してたんでしょうな。

私の記憶の中では公園は幼稚園のそばじゃなく、小さなこじんまりした公園でもなく、不安で不安でしょうがなかった。
大人と子供の目線、意識、感覚ってすごいギャップがあるのだなと自分の中で実感しました。

小さいとき「大きい」と感じてた大人や建物、

今見ると案外小さかったりしますよね。

Google mapの航空写真やストリートビューで、

自分が通った保育園・幼稚園・小学校を見てみると懐かしくておもしろい。

ずっと同じ地域に住んでるならあまり新鮮さはないと思いますが^^;

私は子供の頃から転勤族なので、
過去に住んだいろんな土地を見に行って(ネットで)
本当に再訪してる気分になります。

スマホから見る場合は、

Google Mapアプリを開いて、
ダイヤモンド型のアイコンをクリック。

すると地図の種類が選べるので、

「航空写真」にする。

クローズアップしてみたい場所があったら、

場所をクリックしてから、ストリートビューウィンドウをさらにクリックします。

するとストリートビューになるので、実際に歩いてるかのような写真が見れます。

ストリートビュー

やってみた感想、twitterにリプしてくれたら嬉しいです。
連休に行った場所のこともツイートしてます♪

<今後の更新予定>
・幼稚園保育園グッズ作りの布のことなど
・まる子の成長記録
・工作本、知育ドリルのレビュー
・アマゾンワードローブレビュー

まる子

更新応援クリックもお願いします〜 寝落ちせずブログ書きます

にほんブログ村 子育てブログへ

保育園・幼稚園のグッズづくり、幼稚園関連の内容は以下関連記事からどうぞ。
(昨年幼稚園年少に入って辞め、年中から別の幼稚園に行くので2回幼稚園準備します。まる子は保育園新入園。)