出産レポート:いよいよ分娩~苦しみの数時間

mhbaby_b

分娩室が満室で陣痛室で産むことになった。

広いマットの上で、足を踏ん張る場所も手でつかんで踏ん張るポールなどもない・・・。

普段ならおとなしく「そうですか、わかりました。」って言うんだけどその時は自分のことで精いっぱいなので、助産婦さんに「なんで~~~、分娩室がいい~~(ToT)」とごねる…。が、あいてないものはあいてない。踏ん張りたいのに踏ん張りにくいわ、破水や嘔吐で自分の身の回りがぐしゃぐしゃで、とても不愉快な気分…。

そうこうしているうちに隣の部屋から赤ん坊の産声が!

隣の分娩室で出産が無事終わり、分娩室が空いた。

分娩室に移るか聞かれ「うつる、うつる!」と返事。タンカみたいなものでうつるのかと思ったら歩いていかないといけなくて、ふらふらになりながら一旦廊下にでて隣の分娩室に入り、支えられながら分娩台に乗る。

分娩台に乗ったからといって足をおっぴろげて足の台座に乗せたわけではない。昔はそうだったみたいだけど私の産んだ病院はフリースタイル。足はのせずに体を横にして、両手で片側の金属製の手すりを掴んで踏ん張る。手すりがあるのとないのでは大違い!!力の入り方が全然違う。(おかげで翌朝から数日間手~腕、肩の筋肉痛が半端なかったけど)

踏ん張りがしやすくなったこともあり、ここから多少はお産がすすんだように思う。
依然として何度も何度も「あとどのくらいで生まれるの?まだ??」助産婦「順調に進んでますからね、あともうひと頑張りですよ」みたいなやり取りを延々と繰り返す私…。

助産婦さんにお尻を抑えてもらったり足で踏ん張るのを支えてもらったりしてたんだけど、ちょっとでも離れたり違う場所になると苦しみがすごく増す。なのですごい罵声で呼びつける…。恥ずかしい。後日隣の部屋で産んだ経産婦さんに「あなたがあの叫びまくってた人?」と失笑された…。

そういえばウィダーインゼリーなど陣痛中に飲む栄養補給を用意していたのにすっかり忘れてた。あの時飲んでたらもう少し早くうめたかなぁ?まぁ飲み物飲んでる場合じゃないって感じだったけど…。

分娩室にはいって2時間くらい(?)経った後、やっと赤ちゃんの頭が見えてきた。この辺から本格的にいきみ始める。
頭が見えたはいいものの、出ては戻り、出ては戻りなかなか出てこない。
自分でもその感覚を下半身に感じる。もう少し強く踏ん張れたら沢山出てきそうなんだけど…。
「どうしたらいいの?どうしたら早く出てくる?」と聞けば「今の調子でいいですよ~あんまり一気に出てきてもだめだから・・・」とかなんとか言われる。なんかコツとか教えてよ!と思いつつ続ける。(後から知ったけど出産経験のない助産婦さんでした)
出たり入ったり出たり入ったりするうちに体力をすごく消耗してきた。
「もうだめ~~~。あと2回いきんだらもう無理。」などととにかく「無理~~」と言いまくってた気がする。
陣痛の波が来ていきんで、いきみ終わると、疲れすぎて陣痛の合間のたった2分くらいに寝落ちした。そしてすぐまた陣痛が来て苦しみの山とともに超絶踏ん張っていきんで…の繰り返し。

産みながら「もう第二子はいいわ~~~」と冷静に想ったりもした。

そのうちいきみのコツがわかってきたけど体力がついてこない。もっと体力があればフンッとやって早く終了しそうなのに。私の場合いきむのは1度の波に3回が限界。

ふーっん、ふーっん、ふーっんっぅ(いきみ)、
はぁはぁはぁ~~~(息切れ)・・・・ 
スースー(寝落ち)
うううう(苦しみの波が押し寄せる)
ふーっん、ふーっん、ふーっんっぅ(いきみ)、
はぁはぁはぁ~~~(息切れ)・・・・ 
スースー(寝落ち)
うううう(苦しみの波が押し寄せる)

2回しかいきめないときもけっこうあったし、ほとんど力が入らないときも。
なにがきっかけだったか覚えてないけど、あるときから一念発起してものすんごい踏ん張った。ダラダラ体力を分散させるよりも1度のいきみタイミングに集中してがんばるほうがいいと判断したんだと思う。それで赤ちゃんの頭がだいぶ出てき始める。頭のてっぺんが出てきた頃、先生登場。女医さん。「赤ちゃんの髪の毛が見えてきましたよ~。くりくりしてるよ~。触ってみる?」と言われ、手をのばしたら頭に触れられた。赤ちゃんも頑張ってる、きっと今鼻も口も産道でふさがれて苦しいはず。早く産んであげなきゃ!と思ったようなそんな冷静なこと考えられなかったような。そこからは今までの永遠に続きそうな繰り返しからは脱して、少しずつゴールに近づいていった感がある。

力を入れまくって赤ちゃんの頭が少しずつ出てくる。おでこあたりまで出たであろう頃、あそこが裂けるような痛みが…。少しずつ出てきてるのがわかる。助産婦さんも先生もほらほら出てきてるよ~がんばれがんばれと。ゆっくりゆっくり出てくる。途中2度ほど頭が戻りつつもしっかり出てきてる。
頭の一番大きい部分がで終わるとあとはスルンという感じで、体はヌメヌメっスルッと出てきた。出てきた!!!!あの時の感覚いまだに思い出せる。ほどなくして赤ちゃんの泣き声が!!!!

無事に生まれたという安堵と達成感とで、赤ちゃんを見る間もなくそのまま分娩台の上で号泣子供の頃みたいにぎゃん泣き…。野々村議員ほどじゃないけどね(笑)

images

つづく

他のママのすてきな妊娠・子育てブログはこちらからどうぞ♪↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 マタニティーブログへ

この記事が気に入ったら「すき!」
  • すき!(2)
スポンサーリンク

コメント

  1. 枚方あき より:

    こんにちは。
    レポート、いつもその場にいるような緊張感を感じながら読ませていただいています。
    今回の出産レポートはいつもの1.5倍くらい緊張しました、無事に鳴き声が聞こえた描写を読んだ時の安堵感もとても大きかったです。