秋冬のマタニティファッション♪節約ポイント

私は妊娠後期が冬だったのでそのとき節約について少し書きたいと思います。

後期になるとお腹が大きく張り出してきてもう普通の服は無理で、マタニティ用の服を買うか買わないかよく迷ったものです。

節約ポイント

1 ●  部屋着は夫の服を借りよう!
男物のスウェットやパーカーなら大きなお腹も包み込んでくれるので新たに大きめの服を買わなくてよい。

image

2● インナーも夫のユニクロヒートテック
着れました。袖は少し折り曲げて。

3 ● 妊娠中はワンピースが一番楽だけどノースリーブマキシor授乳口のあるマタニティ服以外は、出産後の母乳育児中着れません。注意!

お腹やおしり回りは温めないといけません。男物のトップスは使えますがズボンはさすがに妊婦にはキツキツ。ここはケチらず妊娠用のズボンやタイツ、腹巻きを買いましょう!

一般女性用のざっくりニットなどゆったりトップスは産後授乳期間も着れるので、セールなどがあれば買ってOK。
授乳するときは下からめくっておっぱいを出します。(お腹冷えないように腹巻き必須)

私はもう産み終わったので、妊娠中しか着れない服はタンスの奥にしまいました。妊娠用ズボンと妊娠用腹巻き、産褥ショーツなど。
また妊娠することがあるかわからないけどそれまでお蔵入り。
タンスの場所もとるしお蔵入りする衣類は極力減らしたいですね。

●●●●●●●●●
息子の急性胃腸炎、処方されたビオフェルミンという整腸剤を飲ませてだいぶよくなってきました。ごきげんはいいのにおしりからは下痢ピーo(T□T)o おしりかぶれがひどくならないうちに早く治るといいなー。人にうつるし抵抗力も落ちているので、予定していた図書館行きやエアバギーショップ行きは延期中です。

>>>赤ちゃんの部屋インテリア関連記事
>>>妊娠&授乳育児ファッションの記事

他のママのすてきな妊娠・子育てブログ村はこちらからどうぞ♪↓↓
>>>子育てブログ
>>>マタニティブログ

スポンサーリンク