ロハスフェスタ東京に子連れで行ってきました!

ロハスフェスタ東京に行ってきました。生後5ヶ月の娘と3才の息子連れです。

赤ちゃんは小まめに『乳くれくれ』、3才児は『ねぇーつまんないーかえるー』となる心配がありましたがなんとかいけた。

始めだけ入り口が長蛇の列になっていたけど開場とともにスムーズに進み入れました。

↑開場待ち中。

ハンドメイドの雑貨、アクセサリー、洋服、多肉植物、ドライフラワー、陶磁器、インテリア用品、ペットファッションなどいろいろ売ってました。フードコーナーも充実してました。

購入品紹介

私は今回ドライフラワーと、娘の離乳食アイテムでいい出会いがあればいいなーと思いながらブラブラしたらいいの見つけた?

クラフト石川さんのボウルとCo-Laboさんの木製カトラリー等。コットンフラワーも欲しかったのみつけた。

アクセサリー900円❣️

試飲したら美味しくて買ったTEAPORTS。

と、あじさいのプリザーブドフラワー。(夫から「これ別にいらんやん」て言われる系の買い物)

ランチタイム

会場エリアは芝生なのでレジャーシートを敷いて食べれます。が、日陰が全部先取りされてたので会場を少し出たところの木陰で食べました。

ロハスフェスタはエコなイベントなので使い捨てのものは使用しません。みんな自前。うちはおしゃれなウッドトレーとかじゃなく家にあった100均タッパー?

マイボトルがあれば無料のほうじ茶がもらえます。ただし昼頃は長蛇の列だったのでお子さまの飲み物は持参がおすすめ。

赤ちゃんの授乳、おむつ替え

会場本部そばに授乳室テントとおむつ替えテントがあります。

気温が高かったので中はムシムシでした?一応小さな扇風機あったけど?

光が丘駅から会場に歩いてくる途中、駅前の商業施設、区民センター、図書館、体育館等を通るのでそこでも授乳室、おむつ替え台は利用できそうです!

子供の遊び

会場内には通称ふわふわ(エアー滑り台)を始め子供も楽しめるものがポツポツありました。ふわふわは4才からなのでうちの3才はクラフト系のブースで楽しみました。

エコバッグにステンシル。

Roomclipのブースで塗り絵。

木製ストラップ作り。

クラフトのあとお腹すいたとせがみ、甘口カレーを与えるも途中から拒否。ドーナツやパンでハッピーになってました。

会場敷地が広いこともあり、大混雑というわけでもなく、子連れでもゆっくりできて楽しめました~。

持っていくとよいもの

自前の食器、ボトル、カトラリー

エコバッグ

レジャーシート

日焼け止め

しゃぼん玉やボール(会場外で)

今回、大阪住んでたときの友達と会場で落ち合って再会出来たので楽しかった!森林の中で賑やかなロハスフェスタの雰囲気とおしゃべりを楽しみました。このブログしてるの気付いてたみたい(笑)最近よくバレます。はずかしいけど嬉しい?