だっこ紐で飛行機&おむつ替え!

生後八ヶ月前で、生まれて初めての飛行機。
心配しましたが全く平気でした!

私の方が耳が変になったり、揺れで気持ち悪くなってた(^^;

image

おっぱいで離着陸乗り切る

行きでは、飛行機が滑走路を走り始めてから息子におっぱいをあげました。耳抜きも兼ねて。
ときどき乳首から離れて周りを機嫌よく見回してたのでそんなにストレスではなかった様子。
5分くらい飲んだら眠るかと思いきや満面の笑みで元気いっぱいにシャキーーン!!CAのおねえさんに笑顔を振り撒く。

私はキョロキョロ動き回る息子を膝の上に乗せて両手でしっかりホールド。

そして上空で飛行機が安定してきた頃に、ぷ~~んとやな臭いが…。

息子をみるとケラケラ笑っている。

やりよった、、、。

機内上空でウンチ爆発

すごい量のドロドロウンチ!!

おむつパンツタイプLにおさまりきれないほどのウンチをやっちゃいました!!

( ̄▽ ̄;)

CAのお姉さんに『すみません、おむつを替えたいんですが… 』と伝える。

笑顔で『ご案内します♡』といい、私が取り出したおむつポーチを持ってくれ、機内のトイレへ。『お手伝いして大丈夫ですか?』と言われたので是非お願いいたしますと返事。

CAさんが手際よくおむつ替え台を開きその上にブランケットを敷いてくれました。

機内トイレなので狭い狭い。
ジタバタする息子を乗せて押さえて四苦八苦していたらCAのお姉さんが息子に声をかけたりおしりふきを1枚1枚取り出して私に渡してくれ、逐一そばで手伝ってくれたので、無事おむつ替え完了!!

優しい気遣いに感動♡
ちなみにJAL系列の便(JAC)です。
LCCだとこうはいかないだろうなぁ。

息子ちゃん、なんと帰りの便でもウンチ大爆発…。

気圧の変化の影響かな?

帰りの便でもCAの方が付き添ってくれ、行きのときほどではなかったけど親切にしてくれました。

そして着陸のときもまたおっぱいをあげ、無事着陸。

泣いたりぐずったりしないか心配でしたがそれは杞憂に終わりました。
ちなみに他に2組ほどちいさな赤ちゃん連れがいましたがみんなおりこうさんでした。

飛行機とダッコ紐の話

image

私は今回だっこ紐に息子を乗せて飛行機に搭乗。
ネットで検索したら、ANAはだっこ紐に赤ちゃんをのせての離着陸OKだけど、JALはNGなんだ、納得行かない!という記事が出てきたのですが、飛行機に乗るときCAに聞いたら『大丈夫です』との返答でした。
JALの規定が変わったのか?それともJAC便だったから?

image

エルゴダッコで飛行機の写真↑は
こちらの海外ブロガーさんより。

私はだっこ紐に息子をいれた状態で座席に座ったら息子がだっこ紐から出たがったので、離着陸も上空でもだっこ紐を外してましたが、もし眠ってたりしたらだっこ紐に入れたままのほうが息子が転倒する心配もないし楽だったろうなぁー。

今回のまとめ

● うちの子は上空数千フィートでもよおすので注意。
● 便秘のときには飛行機が有効(/–)/

● 赤ちゃん飛行機 = 泣く  というわけでもなさそうだ。
● うちの子は耳はどうもなかった模様。

スポンサーリンク

スポンサーリンク