ネピアの新おむつ「Whito」と「Goon」を比較してみた。

スポンサーリンク

こないだSEIYUで見慣れないオムツのパッケージを見つけて気になったのでサンプルをもらってきました。育児ブログやってる人ってみんな謎にオムツ詳細レビューするよね??だからやってみよう。

Whito(ホワイト)はトイレットペーパーやティッシュで有名なネピア製のおむつです。2017年2月に新発売されたらしい。アンパンマンのGenkiを作っているネピアさんです。

今までにないキルティング生地を採用。キルティングの溝があることで空気が通りやすいらしい。そして斬新なのが3時間用と12時間用の2種類が発売されていること。
昼は3時間用を使い、夜は12時間用を使うというわけ。

品質とは関係ない話だけど、はじめオムツの外装パッケージがトイレットペーパーかと思いました。ネピア感…。

Whitoの価格帯は高め設定で、品質も上級らしいけどどうもそうは見えないパッケージにより興味をそそられた。どうでもいいか。

まる子は新生児~1才過ぎの今までずっとGoo.n(グーン)を使っているので比較してみました。左がWhitoで右がGoo.nです。

大きさはGoo.nが大き目。厚みや手触りはそこまで大差ない。

裏面。

差があったのは、太もも周りのギャザー部。
Goo.nのほうがギャザーが大きくて伸縮性が相当良い。

↓Whito(パンツL)

↓Goo.n(女の子用パンツL)

まる子、太もも太目なのでGoon継続に決まりました。

まる子はまだまだ夜も一晩中おしっこを滴らせる赤ちゃんなので、朝はオムツがもっさり重たくなっています。そういう意味でWhito12時間用の保水力も気になるところでしたが、けっこうよく吸ってくれました。でもギャザーの作りにおいてGoon.が勝った。

というわけでオムツレビューでした。完。

昨日から「おうちえいご園ブログ」へのアクセスありがとうございます!!
予想以上に来て頂けてうれしいです。

記事更新しました。

Googlehomeで子供と英語学習は出来るのか?(姉妹ブログへ飛びます)

スポンサーリンク

シェアする