赤ちゃん育児、早く買えば良かった抱っこ紐収納カバー。

二人目まる子、1才、今さらですが抱っこ紐収納カバーを買いました!

出先で赤ちゃんを抱っこ紐からおろした後、腰につけたままだとブランブランするし、外してどこか置いてもやたらかさばって場所を取るから邪魔臭いと常々思ってました。

抱っこ紐収納カバーなるものの存在自体は知っていたものの、、、なぜ今まで入手しなかったものかというと、3年前はもっと値段が高かったからと、使い方がよく分からなかったからと記憶する。

今回1500円以下のシンプルにブラック無地のものにしましたが、まぁ満足です。

すっきりまとまる爽快感

あって便利なシーン

● ベビーカーだけど一応抱っこ紐持っていくときフックにかけておける

● 腰につけたままブラブラさせずに移動できる

● 自転車で出掛けるとき

私の購入のきっかけは自転車移動のためです。子供乗せに乗せて出掛け、いざ建物に入るとき抱っこ紐をパッと装着できる。自転車乗ってる間、荷台が満杯なら腰につけたままも可。

腰につけた状態の自分目線

買うまでしらなかったけど、抱っこ紐収納カバーって使うときだけ付けるわけではなく、抱っこ紐に常につけっぱなしにしておいていいんですね。

そして使うときは、抱っこ紐腰ベルトをつけたままで肩紐だけをささっとまとめてカバーに入れ込むだけ。簡単!(商品リンクに使い方の画像説明があります。)

使ってみてのオススメ選び方は、薄手の生地のほうが腰回りで邪魔にならないからいいと思います。

あと、自分の使ってる抱っこ紐が対応してるかどうかは必ずチェック!私はBobaの抱っこ紐です。今回買った抱っこ紐カバーはジャストサイズでした。見ての通りブラックはホコリが目立ちやすいです。(もはや全く気にしない)

柄ありタイプも

抱っこ紐のよだれパッドも付けて使ってます。

抱っこ紐収納カバーは手作りも簡単に出来るらしい。確かにそのくらい構造は単純。

ミシン買ってから思い知ってるけどハンドメイドがほんと下手で才能ないので既製品を買いました。

次回予告

ハンドメイド下手宣言しましたが、、、

まる子の昨年のロンパース(サイズ70)を、今年も着れるようにリメイクする予定です!!

股のスナップボタン部分を切り落として、まっすぐ縫ってタンクトップやチュニックにリメイクする予定。

完成レポ投稿がなかったら「やっぱり失敗したな」と思ってください。