生後116日目:予防接種の副反応でたる。

image

おとといの予防接種のあと、昨日の朝から副反応が出てしまいました( ´△`)

朝なのに少しご機嫌ななめで、せっかくパパに披露しまくろうと楽しみにしていた寝返りもせず。

おでこが熱かったので熱を計ったら38度!
これは予防接種の副反応だなぁーーーと 思いつつも一応小児科に電話。

あんまり話もしないうちから
『とりあえず来てください』。

どんな処置になるのか聞いたけど、とにかく副反応なのか風邪とか他の感染症なのかを見極めるためにきて、と。

ここ数日はほとんど外出してないし感染症はないなー。ていうかむしろ今小児科にいったらそっちのほうが風邪とかウイルスにやられる可能性高いのでは。

息子は少し機嫌が悪いながらも母乳はいつも通りよく飲み脱水はしなさそうなので様子を見ることに。

定期的に熱を計ると37度の真ん中辺りをいったりきたり。
平熱が36.8度だから、微熱だね。
38度すぎたら受診したほうがいいと書いてある本もあるからそれ目安にするとしても大丈夫そう。

そしてお昼ねした後は熱による興奮?かものすごいハイテンションになりだした。

夜まで38度を越えない微熱が続いたから夜中に高くならないか心配したけど、だんだんと落ち着いて今朝は平熱に戻りました。

副反応とはいえ熱がでたのは初めてだったしちょっと焦ったー。夫のいる日でよかった。

今回の予防接種はヒブ、肺炎球菌、ロタの2回目と四種混合の1回目だったんですが、一度にたくさん打つのってよくなかったのかな?とか息子が微熱の間いろいろ考えさせられました。
そもそもこの予防接種、義務ではないので、打つかどうかからよく考えなきゃならなかったんだよね。あまり報道されないが、予防接種が原因で死亡してる例もあるわけだし。
該当の病気にかかっても耐えうるだけの基礎体力のある子なら全部が全部の予防接種を流れ作業のように打つ必要はなくて、親がその子に必要な予防接種をひとつひとつ吟味してあげないといけないのかも。市町村が推奨してるから、とか周りがみんなやるからといってそれが正しいとは限らない。実際に、過去には義務だったけども諸事情でやらなくなった予防接種もあるわけだし。子宮頸がんワクチンのようにまだ怪しいものもあるのだから。

スポンサーリンク