夜寝る子になった2つのポイント

うちの子は生後2か月頃から夜にまとまって寝るようになってきて、生後3か月の今はすっかりそのリズムが定着しています。生まれた時から毎日常に心がけてきた”夜寝る子”になるためのコトを書いてみます。

朝昼は明るく、夜は暗く

夕方5時頃からは最小限の電気しかつけません。
夜間の授乳時は真っ暗のまま。
オムツ替えはほの暗い間接照明です。
夕方~夜たまたまリビングで寝ているときに
パパが帰ってきたら、
それでも暗いままなのでパパは薄暗い中で食事・・・
新聞も読めません。パパゴメンよ。

良質な昼寝

昼(できれば2時までに)良質な睡眠をとらせてあげると
1日機嫌がよく、夜の寝かしつけもスムーズでよく寝ます。
あと、長めの昼寝は夕方4時以降はさせません。

この2つを毎日意識して暮らしていて、
今は毎日8時~朝5時まではいつも”おやすみ”です。
夜泣くこともほとんど皆無。
おっぱい飲んだらストンと寝ます。

sl
生後1か月過ぎの頃は夜も泣いてたし2か月前頃は夜中におめめパッチリになってニコニコなんて日もたくさんありましたが、日々上記のポイントを繰り返すうちに寝るようになりました。ちなみに昼のお散歩に出るのも効果的らしいですが行けない日も多いです。でもちゃんと寝ますー。これっていろんな本やサイトに書かれているごく普通のことですが、改めて大事さを実感したので今回書きました。

今実家帰省中で、普段の自宅とは少し違う生活になっていて、親戚や家族がたくさんあやしてくれるので昼間はとても機嫌がいいんです。ところが楽しさ余ってか良質な昼寝があまりできずにいました。昼寝てないから夜よく眠るだろうと思っていたら、夜寝ることは寝るけど、夕方から毎日不機嫌だったんです。寝ぐずりがひどくなって。やっぱり昼寝って大事だな~と。自宅では授乳感覚の合間に30分ほどの昼寝をしていますが、時々ぐっすり1~2時間寝かせてあげるとその後夜寝るまでずっとおりこうになります。1~2時間寝かすためには長めに抱っこでゆらゆらしたり、抱っこしたままソファで座って寝かせたりと少し手間がかかりますが夜寝てくれるおかげで8時ごろからは自由になれるので良いです。

とえらそうに書きましたが、

今はこうだけどそのうちまた夜泣きが始まることもあるみたいなのでこれからも研究していきたいと思います。

>>ブログ内の他カテゴリー

akachaninterior maternityfashion

他のママのすてきな妊娠・子育てブログはこちらからどうぞ♪↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク

コメント

  1. かずも より:

    はじめまして、記事を読ませていただきました。
    私は6月に出産しました。
    なんとなくで育児をしていますが、寝かしつけの参考になりました!
    インテリアも素敵ですね!
    うちはグダグダです(T-T)

    • にゃーご より:

      かずもさんはじめまして! コメントありがとうございます!
      わたしもなんとなく育児しながら手探りで前に進んでますよ~ 少しずつ体系化できていけばいいかなと思ってます(*^.^*)
      お互い育児がんばりましょー★