2~3才児へのクリスマスプレゼントに「2000語えいご絵じてん」のレビュー

2才半頃のクリスマスプレゼントに贈ったアルクの「2000語えいご絵じてん」。

英語の音声ペンの教材です。

イラスト図鑑のような本に音声ペンでタッチすると、英語の音声が流れるというよくあるやつです。

購入後約1年経ったのでレビューしようと思います。

この商品は対象が「園児~」となっていますが、2~3才の子供に与えている英語育児家庭も多く、我が家もその1つです。

2~3才の子にとってどうか、使ってみてどうか、という視点でお届けします。
(と、かしこまって始めたが、ゆるいレビューです…)

お気に入りの「野菜やフルーツ」のページに熱中するクマ吉

アルクの2000語えいご絵じてんで語彙力は伸びたのか

当初、ボキャブラリーを増やしたくてこれを買いました。
まぁ多少は語彙力伸びたかなーと思います。でも期待したほどではないです。
この本にしか出てこない単語は正直覚えてないですね。
逆に、英語教室等で出てきた言葉、好きな絵本や動画で出てくる単語がこの絵じてんに載っていれば、正しく覚えることができていました。まさに「辞典」としての役割。英語教室やプリスクールでするような内容は網羅されているので、補完として与えると相乗効果が期待できそうです。(通販の売り文句みたいな解説文になった…)

アルクの2000語えいご絵じてんの良い点

幼児向けのものは他にも各社から出ていますが、日本語と一緒に覚えていくスタイルの物が多いです。英語を話すときは脳が英語脳に切り替わっていて、出来るだけ日本語を入れたくないので、その点でこのじてんはページ下部の小さな数字を押さない限り日本語が出てこないので良かったです。

また、内容が幅広いので小学生になっても長く使えるのは良いです。値段もするしそのくらい使えないとね。

使いにくい点

幼児向けのこの手の本は普通絵をタッチしたら音が出るけど、アルクえいご絵じてんは絵ではなくそばにある英語文字をタッチしないと音がでないんです。押す場所やコツをつかんで2才児が一人で遊べるまでに数ヶ月かかりました。音声ペンはうまくあてないと時々鳴らないこともあります。やはり幼稚園児くらいからの作りですね。

あと、各チャプターに歌があるのはいいんですが、チャプター内のすべてのページで1つの歌なので絵と歌詞が合ってない時も多くて子供が戸惑うことがありました。

参考までに・・・
クマ吉2才半当時の英語能力

英単語は500以上知っていたはず
(だから2~3才向けのえいご絵じてん500では物足りないと思った)
簡単な日常会話程度は理解
2~3才向けの英語教室で出てくる内容(色・形・動物・のりもの・数字・アルファベット)はすべてマスター
英語日本語の切り替えができている

クマ吉3才半の英語能力
日常会話の理解・発語あり
普通に英語しゃべる(ネイティブ先生か私との会話や一人言で)
英語アニメ・動画の内容理解
英単語記憶1000~あるはず

ざっくりとまとめると・・・

お値段        ●
2才が使いやすい度  ●●
英語身につく度    ●●●
夢中度        ●●●●
長く使える度     ●●●●●
総合      ●●●

買って損した!とは思わないけど、ものすごく良かった!うちになくてはならないアイテム!ではないです。(この先子供の年齢が上がるにつれなくてはならない物になる可能性はあり)

2~3才児にとっては、あればまぁおもしろいかな、誰かくれたら嬉しいな!くらいのかんじ。

小学生にならないと内容的に分かりづらいようなページ(宇宙、学校的内容など)もあるので、
今は分からなくても、だんだん分かる部分が増えていくところはおもしろいかもしれません。

例えば、2才半の頃、Year/Monthのページは全く興味持っていなかったけど、3才半の今まさにそこに興味があり、そこのページを熱心に遊んでます。

ここまであれば…

せっかく音声ペン機能が売りなのだからフォニックスのページもあれば英語読み書きにつながるのになーと思う。一歩物足りない。

サポートはよかった

購入半年後頃、音声ペンの調子が悪くなったことがありサポートに電話したら、本の印刷のほうに問題があるかもということですぐに代わりのものを送ってくれました。

以上、どっちつかずなレビューですが迷っている方のご参考になりますように。