2才前からの英語教育は時期尚早ではない。

「早々に英語教育だなんてやりすぎじゃ?」と思われる方も多いと思います。

日本語もまだよく話せないうちから…という意見もよくありますが、私は子供の脳は小さいうちこそ2つの言語を同時に習得していく能力があると思います。

同時に2つの料理をつくれば完成時間は遅れるものの栄養も満腹度も上がる、それと同じで2つの言語習得には時間はかかるかもしれないが大人になってからおいしいのは一目瞭然。

image

それから、英語というのはスポーツと同じように「個人の楽しさ」が一番大きい世界で、お勉強とは別物だと思っています。

私自身、学生時代英語を”勉強”とはあまり捉えていませんでした。
その理由は小さい頃から海外の絵本に慣れ親しんで「ここではない素敵な世界」に興味を持ち、その延長で「その世界のことば」にも興味があったからです。

その辺の話はテニスの松岡修造さんばりに熱苦しく長~くなるのでまた別記事にしますね(^-^;

息子が大きくなる時代には、英語は普通のスキルになっているんじゃないかな。
今は当たり前のパソコンスキルが昔は一部の人しか出来ないことだったように、英語もそのうちできて当たり前になる日がくるはず!!

というわけで我が家では英語が家庭に自然とある状態になっています。

スポンサーリンク