4才2ヶ月成長記録:池に転落するの巻

スポンサーリンク

くま吉4才2ヶ月、

昨日午後未明、公園で自転車(へんしんバイク)でバランスを崩して池に転落してしまいました!

夫と「あそこに新しい物件が建つらしい」とかって世間話をして別方向を見てたほんの数秒の出来事。傾斜のある地点からへんしんバイクに乗ったまま滑り落ちてドボン。

足のつく池ですぐに助け出して大事には全然至らなかったんだけど、池のヘドロ水が臭いのなんの…。すぐ全裸にして洗浄。洋服は家で洗剤で洗っても落ちない激臭で泣く泣く棄てたorz

同じようにして道路に突っ込む危険もありうるわけで、やっぱへんしんバイクはまだすぐそばに張り付いて見てないと怖いって思い知りましたよ。。

本人は、案外トラウマ化せずにケロッとしてたのが救いでした。このドボン体験で危険察知能力アップになってれば良いが。

さて4才2ヶ月の成長記録です。

幼稚園が合わなくて辞めてからは毎日児童館や図書館や好きなところへ行く日々で心が安定した7月。

最近は機関車や恐竜に加えて宇宙、自然科学、物理への興味が出てきたちびっこ博士。

橋はどうやって作る?深海はどのくらい深い?生き物の不思議とかそういうトピックの番組や本をそりゃあ熱心に見てる。

今日風呂上がりにYoutubeの英語の子ども向けサイエンスチャンネルで昨日知った陸ガメとウミガメの違いを教えてくれた。英語で。

その番組私も一緒に見てたんだけどけっこう専門的な内容だったからほんとにもう、びっくりしました・・・。こいつ、私より賢い。4才ってこんなの?いつもながら親バカブログですみません。

で、周りの人からくま吉くんって絵うまいし英語しゃべれるしいいねー!とか言ってもらうこともあるんですけど、

いや、確かに親としてはそれは嬉しいですが、、、

育てるの大変よ?

この人4才にしてめっちゃくちゃ細かくてめちゃくちゃ気難しい。

先日児童館に人形劇を見に行ったんです。基本大好きなステージ系のイベントなのに終わってから超絶不機嫌。

「全然おもしろくなかった。もうこんなところこない。」とのたまう。

いやね、正直私も心の奥底で「なんだこれ~子ども向けといえども話のクオリティ低い…それに私でも段ボールで作れそうなセット…」(ダンボーラーでごめん)と思いつつ見てたんでくま吉の気持ちが分からないでもなかったんだけどさ・・・他の子はそれなりに楽しんでたような。

くま吉の不機嫌さたるやもう怖いおっさんのレベル。ちょっとやそっとじゃ収まらないし。

家でも、なんかしら私や夫がたるんだパフォーマンス具合だとそうなるのです。ずっとダラダラしてたり頭で別のこと考えてると察して「おい、やる気あんのか?」的空気になるんです。

家に辰ちゃんがいるんです。

イメージ作ってみたらこわ

一人の大人のようにして扱わないと痛い目みます。

以前はとにかく慎重で「変化」が苦手で11月から12月に変わるのがイヤだとか、外に出るのが苦手だったくま吉。

7月に入り生活が落ち着いてからは「刺激」を求めるようになって退屈を”死ぬほど”嫌い、日々新しい刺激(家遊び・外出ともに)探しに私は忙しくしてます。かといって気分によっては不安が強い日もあり、「新しいことがしたい。でも家からでるのはイヤ。」という矛盾した欲求の葛藤でよく大泣きしてる。

恐らく実はHSC/HSS(刺激追求型の敏感な人)寄りだったと思われる。興味のある方は詳しくはこちらのサイトに書いてあります。

3才の時とはまるで別人になってきて親としても1ヶ月間くらい戸惑ってました。
なにはともあれまぁおもしろい子なので成長がこれからも楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする