実家帰省の記録。母親っていろいろ。

実家に帰ったものの日中はそんなに用も入れず息子中心の日々です。

image

どろんこになって派手に遊べ!と解き放つも、きれいに遊んじゃう人

image

おしりについているのはうんこではありません泥です。

image

なぜか一段飛ばし登り。

image

おっぱいだと言って吸い付く

遊具の突起をおっぱいと見立てるほか、息子の変態化が止まらない

私のパンツをかぶる
女性のスカートの中にもぐろうとする
おしりとおっぱいに過敏反応

そこそこ汚れたところで公園を後にし、また水遊び

image

たまたま魚をもらう

image

でかい!!

いつもスーパーでさわりたがっていたので、絶好のチャンス!と思いきや、
怖がる。

image

確かに怖いな 。

夜は息子を寝かしつけた後、友達に会ってきました。

ここまでは昨日。

実家にきてから息子のイタズラがひどい。

イタズラするたびに母が
まぁ!大変!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
あれま!
こぉらっ!
もぉっ!!
などと甲高い大声で反応するのがおもしろいらしく、ゲラゲラ笑っています。反応するからやるんだけど、母の甲高い反応は止まらない。

もはや息子は「もぉ!」と真似しながらイタズラしてます。怒られる前提。

今日は華道でお世話になっている先生のお宅に息子を連れていきました。やっぱりイタズラしようとするよね。はーー、変な癖ついちゃった。

実家だと私がいなくても平気で、母と二人で散歩行ったりしてます。今も。パパだとダメなのにな。

離れて過ごす時間が1日30分あるだけでもぜんぜん違う。実家近い子育てってほんとうらやましーーー。

うちは母親が甲斐甲斐しく世話焼いてくれるタイプではなく、昔から、自分のことは自分でやりなさい、放任でした。そのおかげでなんでも自分でやるようにはなった。 
そんで帰省中は食べたいものあるなら自分で作りなさい、自分のことは自分でやってって感じなので、勝手に3食出てくるわけがない。それでも息子をちょいちょいみてもらえるだけで相当ありがたい。
父親は早くに他界しているので母と息子と3人気楽に過ごしてます。

これが夫の実家へ行くと正反対で、ご飯から風呂の世話からなにから気をきかせてくれる凄腕のお母さんで、すんごいギャップ!!新婚当初は「ほほぅ!これが世の中のお母さんというものなのか!なんてお世話上手なんだ!!」とカルチャーショック。
嫁として出来るだけ手伝うんですが、いつもいいよいいよ~座ってて!と言われます。
母親っていろいろいる。いろんな母親がいていい。私はどんな母親になっていくだろう。今のとこ世話焼きすぎなような。たぶん自分が小さい時かまわれなくて寂しかったから、息子に寂しい思いさせたくないという思いが強すぎる。

どうでもいいが母の言葉使いがへんてこ。

私「○○ちゃんは男に自分からグイグイ行くタイプで~、、」
母「へ~、焼き肉みたいな子ね~」(肉食系と言いたい)

私「○○君は女性に興味なしで趣味ばっかりらし~~よ」
母「今流行りの植物性の人ね。」(草食系と言いたい)

この記事が気に入ったら「すき!」
  • すき!(7)
スポンサーリンク