1才:子育て支援センターでの過ごし方

生後10ヶ月頃からよく通うようになった子育て支援センター。
1才2ヶ月での楽しみ方の記録です。

image

今一番好きなのはおままごとコーナー!
野菜のおもちゃが好きで、お皿やボールにいれたり出したり、まんまぁと言いながら食べたり誰かに食べさせようとしたりちゃんとままごとになってきました。

image

ここ数週間で、自ら椅子に座って遊ぶようになりました。うまく座れないことも多く手を貸してますが。

おままごとの野菜で遊んだり、大好きなカードで遊んだりしてます。
家だとじっと座って遊ぶことがほとんどないんですが、支援センターでは長いときで10分くらいテーブルと椅子に腰かけて遊ぶようになり嬉しいです。

image

数分間おとなしく遊んでるとはいえちょくちょくこうしておもちゃを手渡してくるのでスマホをいじくってる場合ではありません。

image

『母、育児中にスマホするでないぞ!受けとれー!』

image

室内滑り台も大好きです。
なぜかおもちゃのしゃもじや包丁を持ち歩くのが好きで、滑り台のときさえ離さない…。

この他車やレールのおもちゃ、レゴドュプロなどでも遊びますが短時間です。
あとは支援センターの先生たちに遊んでもらうのが大好きで、私がいないいないばぁしたときの何倍も嬉しそうに大声で笑ってます。

親の私は自分の子供に危険がないか監視、他の子や周りに迷惑にならないよう監視、成長ぶりを嬉しく思いながらとにかく見つめてます。 落ち着いてる子の親は完全に放置プレイしてる人もいるけどうちの場合活発で常にうろちょろしてるので目が離せません。

いちおう、合間に他の子達もチラチラみてます。あと数ヶ月したらあんな風になるのかな? あの子落ち着いてるなぁー、 あの子やんちゃだなー、あの子もう○○できるんだーすごーい、等々おもしろいです。ママたちと自然に会話が出来るのも楽しみのひとつ。

時々先生とみんなで歌や手遊びもあり、参加すると前より楽しそうにしてます。
うちの子の場合、公園か子育て支援センターにきてるときが一番のびのび生き生きした表情になるので見てて癒されます。追いかけて疲れるけど、子供の笑顔が一番の楽しみです。

シリーズ 
「こんな1日を過ごしています」はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク