父、子育て支援センターに単独潜入。

今日は私が病院でMRI検査でした。
遠くの病院で行き来にも時間がかかるので午前中いっぱい夫に子守りをしてもらわないといけません。
いつも子守りは一時間ちょいが限界なので心配で心配で…。

そこで、鼻水も止まったし病院の近くの子育て支援センターにパパと息子で行ってもらうことにしました!

支援センターにいるときは息子はいつも上機嫌で楽しくしてるけど、パパと二人で行くのは初めてなのでどうだろう?と。

病院でもずっと心配だったけど、パパから息子が楽しそうに遊ぶ写真が届いてひと安心\(^-^)/

image

プール解放デーだったので少しだけ水遊びもしたそうです。

image

支援センターに父親がきてるのってほとんど見たことないですが、先生たちが温かく迎え入れてくれて、気まずい感じも全然なかったそうです。

パパの感想
『思ったよりも敷居が低かった。』
『息子がすごく楽しそうに目を輝かせて遊ぶ様子がみれてよかった』
『いろんなおもちゃで上手に遊ぶ姿をみて成長を感じた』
『俺が仕事の電話でちょっと部屋を出たらパパー!パパー!って叫んでたニヤニヤ』
『たまに俺の膝に乗ってくっついてきたニヤニヤ』

パパのほうが幸せだったようです。

image

病院が終わり息子に会うと、飛び付いてきたけど泣き叫んだりはせず、ニコニコ楽しそうな表情。帰りの車の中(今)では『パパー、パパー』とずっと呟いてて、仲良くなった感があります♥

子育て支援センター、助かる。
日曜日もやってくれないかなって思う(-_-;)

まだテーマパークよりも支援センターがピッタリなお年頃だけど、もう少し大きくなったら楽しめる場所が拡がってくるのかなぁー。

あ!
頭痛外来での頭の検査結果は異常なしでした。
脳内出血の痕跡もなく、血管も詰まってなくて大丈夫と。
気圧の変化、生活ストレス、貧血など重なったせいかもしれません。
予防薬治療を進められましたが3ヶ月くらい毎日薬を飲まなきゃいけないのでとりあえずそれはやめて、とんぷく薬だけもらってきました。
授乳中でも飲める定番カロナール錠と、偏頭痛の特効薬レルパックス。レルパックスは24時間は授乳できないといわれたので断乳するまでは飲めません。カロナールはどうしてもきついときだけ飲もうかなぁ… できれば飲みたくない。。

MRIの検査結果、自分の顔の3D画像から始まり脳内の血管3Dや断面図などすごく詳しく見せてもらいました。最新の機械らしく、、すごかった(;´д`)
検査は20分くらい機械の中で頭を固定されてじっとしてます。頭に電磁波?かなにか通してるような感じ?
最後の辺り肉体の感覚がふっとなくなりました。もしかして幽体離脱したのかも(笑) (笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク